剣道中毒

剣道中毒患者の為の処方箋あります

*

剣道の昇段審査は四段からが難しい?誰もがぶつかる壁をぶち破れ!!

私が住んでいる滋賀県では、年に3回昇段審査会が行われています。滋賀県は比較的剣道人口が少ない県なので、初段から五段までの審査を1日で行うことになっていて、次の昇段審査が1か月後に迫ってきました!!
 
冬場の中学生は学校の下校時間が早く、部活動の時間がとても短いようですね。中学生が焦って出稽古に参加しはじめました。急に稽古したってダメだと思うのですが。(笑)
 
昇段審査2
 
ところで、剣道の昇段審査と言えば・・・

「四段からが難しい!!」

と、よく聞きますよね。私も最初の躓きは四段でした。実は、私の周りにも私と同じように四段で躓いた人というのは意外と多く・・・未だに四段で迷いの森を彷徨っている人もかなり多いようです。
 
私の稽古仲間M田君は前回の昇段審査でようやく四段に合格されました。はっきり言って、私よりも強いんです。でも、何故か昇段審査ではパッとしない立ち合いが続いたようで・・・
 
前回の昇段審査は見学に行ったのですが、なかなか良い立ち合いをされていました。さて、昇段審査の四段はどういうことが求められるのでしょうか?非常に難しいですが、一緒に考えてみましょう。
 

SPONSORED LINK
 


 

昇段審査は三段までと四段以上は違う?

プロフィールとしても書かせて頂いているのですが、私は昇段審査では非常に苦労している部類だと思います。四段に合格したのは26歳と、今思えば比較的若い年齢で合格させて頂いたのですが・・・
 
9回目の挑戦でようやく合格を頂きました。その後、五段の審査では、ナント!!15回目でようやく合格。五段審査で苦労していた時、審査をして頂いた先生にアドバイスを頂いたことがありました。
 
その中で、三段までと四段以上とでは全く違うということを学びました。
 
まずはこちらの動画をご覧ください。

動画を見た最初の感想は、
「う~~~ん、だるい!!これはイカン!!」
という感じだったのですが、6分45秒くらいからの立ち合いはなかなか良かったと思います。

四段はこれです。(笑)
わかりませんよね。
 
三段までの審査というのは、基本動作ができているか否かというところを主に見られるそうです。高校生で三段受審している場合は違うかもしれませんね。高校生で三段を受けるような子達は綺麗な剣道をされますから、基本だけで合否判定は難しいかもしれません。
 
しかし、一般の場合は多少相手に打たれていても、自分がきちんと打てていれば合格できるものと思います。

ところが、四段以上になるとそれだけではダメなんですね。何が必要かというと、相手を引き出すということ。それができなければ合格は有り得ないということでした。
 

SPONSORED LINK
 


 

相手を引き出せば剣道四段は合格できる!!

四段合格の秘訣は、相手を引き出すことと言われても・・・
 
「相手を引き出す」なんて言われてもそんな簡単にできません!!
 
ですよね。そうなんです。簡単にできていたら合格できているんです。でも、四段以上の人っていうのは、ここを意識しているかどうかというところなんですね。
 
確かに自分より実力が上の人との立ち合い、稽古では相手を引き出すなんていうことは難しいと思います。しかし、自分より格下の相手、同等の相手との稽古ではどうでしょうか。
 
まずは格下の相手との稽古で相手を引き出すという感覚を身に着けることこそが四段合格の近道ではないかと考えます。

昇段審査1
 

どうすれば相手を引き出すことができるか

問題は、どうすれば相手を引き出すことができるかということですよね。その感覚を掴まなければ始まらないのですが、これは稽古で身に着けるしか方法がないと思います。
 
いくら文章で書いても、良い参考資料を読んでも、実践して感覚を掴まなければ何にもなりません。しかしながら、昇段審査で苦労した私としては、苦労されている方の気持ちが大変良くわかります。
 
ですから、ほんの少しだけヒントを示したいと思います。ですから、最初からできているエリート剣道家の人はこの先は決して読まないでください。(笑)
 
では、いきます。
どうすれば相手を引き出すことができるか・・・
ということを説明する前に一つだけ言わせてください。
 
私が審査で苦労していた時にドキッとした言葉があります。
それは、「剣道は打って勝つな、勝って打て」という言葉です。
攻め勝ってから打てということですね。つまり、剣道において一番大事なのが攻めということなのです。
 
剣道は「攻め」「ため」「打突」と言われるように、攻めがなければ始まりません。

「四段の審査では応じ技を出さなければならない」と仰る先生も居られますが、応じ技も攻め無くしては有り得ないのです。待って応じる応じ技ではなく、攻めて相手を動かして応じる応じ技が求められているのです。
 
難しいですね。
 

 
つまりどういうことかと簡単にまとめると、いくら綺麗な打突だとしても、ただ単に打つだけでは四段以上の審査での合格はないと思います。
 
自分から仕掛ける、そして相手の動きによって自分の動作を変化させる。ここが難しいところだと思いますので、日頃の稽古で意識しなければできません。
 
これが「ため」ということなのだと思います。タメが無い状態で打突をしてもダメなんですね。
 

まとめ

剣道において、四段の昇段審査を突破するということは一つの壁ではないかと考えます。特に、30代以降に剣道を始められた方にとっては非常に難しいでしょう。
 
そして、不合格の回数を重ねる度に、色んな先生から色んなことを言われ、頭の中がごちゃごちゃしてくることでしょう。
 
しかし、本当に大事なことはあまりアドバイスして貰えないのではないでしょうか?不合格になったことで、上の人が言うことを守らなければならないと思う気持ちもわかります。
 
でも、私の周りの先生方のアドバイスって、意外と不正解なことが多かったですね。
 
あなたの周りの先生はそんなことは無いと思います。しかし、そういう状態になると余計に迷ってしまいますよね。
 
ですから、そういう情報はシャットアウトするのが良いでしょう。本当に信頼できる先生の教えだけを守るべきなのです。色んな人のアドバイスを聞くことは失敗に繋がります。

ジャンプ
 
もし、あなたが本当に四段合格を目指すなら、自分の立会いをとことん研究してみてください。合格者にできていて自分ができていないことを考えてみましょう。
 
きっとそこには自分勝手な剣道をしているあなたがいるのではないでしょうか?
 
剣道は「攻め」「ため」「打突」ですが、その中でも「攻め」と「ため」が重要ですね。ここを意識して、稽古に励んでみてください。剣道は相手の人と一緒に良い作品(立ち会い)を作っていくものです。
 
是非、お互いに良い技を出し合って合格してみてください!

他にも昇級審査・昇段審査関連の記事を書いていますので、是非ご覧ください。
 ⇒ *剣道の昇段審査!四段・五段を見学して思ったこと!
 ⇒ *審査関連記事一覧

SPONSORED LINK
 

 - 昇級・昇段審査

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

剣道の審査!六段合格の秘訣!

稽古仲間のH君が春の京都で六段審査に挑戦するそうです。と言っても、何回目かな?H …

剣道の段位取得!年齢制限があるって本当?

毎年、5月の京都と11月の東京で八段審査が行われます。そして、すぐにインターネッ …

剣道二段の実技審査!こんな内容なら合格間違いなし!

今年の秋、ALTのマリーさんが剣道の昇段審査を受け、見事二段に合格されました。し …

京都会場の魅力!剣道の中央審査を受けるなら?

稽古仲間のかずき君は今年の春の剣道六段の審査を京都会場で受けることに決めたそうで …

剣道の初段審査合格の秘訣教えちゃいます!

中学1年生の女子3人全員が初段審査に合格できたそうです。その中でも合格ラインぎり …

剣道錬士の称号審査!論文はこう書こう!!

六段を取得してから1年経過して、各都道府県の推薦が得られれば錬士の審査を受けるこ …

剣道の昇段審査!四段・五段を見学して思ったこと!

先日、県の昇段審査がありました。不合格の時ってどうしても凹んでしまいますが、どう …

京都市立体育館へのアクセス!迷わないように下調べ!

  かずき君が受けたのは六段審査ですが、毎年GW中には京都市立体育館で六段から八 …

剣道は資格として認められる?履歴書に書いてもOK?

とある稽古の後、女子高生Rioさんとの会話です。 とは答えたものの・・・ 剣道の …

剣道における切り返しの注意点!初段・二段はこれで合格!!

来月には県の初段から五段までの昇段審査が実施されます。来月と言っても昇段審査は2 …