剣道中毒

剣道中毒患者の為の処方箋あります

*

剣道は重心移動が重要!スムーズにできれば攻めに繋がる!

剣道では足さばきがとても重要と言われますよね。例えば速い打突をするにも上半身よりもむしろ下半身の方が重要だと思います。

剣道用語で「一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき) 」という言葉がありますが、これは眼の次に重要なのが足だという意味です。しかし、実際はなかなか難しいもので・・・

何で打つ前にそんなにヒョコヒョコ動くんや!!もっとスッと出ればいいやん。

Yちゃん
えっ?どうやったらいいんですか?何でヒョコヒョコなるんですか?

重心移動がうまくできんのか?

Yちゃん
重心移動???

足さばきが重要なのはわかっていても、実際に何が悪くて、どうすれば良くなるのかというのは解り難いですよね。特に剣道の指導で良く耳にする重心移動。非常に曖昧な言葉だと思いませんか?

というわけで、今日は
 
剣道で重要な重心移動について考えてみよう!
 
というテーマを取り上げたいと思います。重心移動がスムーズにできれば、剣道の攻めにも生きてきますし、打突動作もスムーズになるはず!!
 

SPONSORED LINK
 


 

重心移動のキーポイントは膕(ひかがみ)?

まず、わからないのが、

Yちゃん
重心って何???

ということではないでしょうか。

重心というのは、外から何らかの力を加えた時でも回転しないところです。と言っても、これでは良く解りませんよね。具体的には、直立状態の時に仙骨付近、高さは床から身長の55%の辺りになります。

但し、重心位置というのは人それぞれ。体型によっても違いますし、姿勢によっても違います。ですが、この重心位置を意識することが剣道のみならず、様々なスポーツでは重要なファクターとなっています。

では、剣道において重心移動をスムーズに行うにはどうすれば良いのでしょうか?丁度解り易い動画がありましたので、こちらをご覧ください。見て頂きたいのは後半部分。

動画は剣道日本を発行しているスキージャーナル社の物ですが、とても解り易いですよね?

動画では、打突時の左足の動きについて解り易く解説されていました。打突時の前進動作では左足の踵が一旦下に下がってから前に出るんですね。この動画を見るまでは気が付かなかったのですが、実際に私の左足も同じ動きになっていました。

そこで重要なのがひかがみです。

先生
ひかがみを張りなさい!

という教えは良く聞きますが、実はこんな理由があったとは全然知りませんでした。ひかがみというのは膝の裏側の部分のことですが、ひかがみを張ることで、上下方向の重心移動を無くしスムーズに前進できるということです。

上級者とそうでな人との違いは何かと言うと、ひかがみ部分で力が逃げてしまうか否かという部分。ひかがみを張ることで、力を上手く爪先に伝えることができるんですね。

稽古の時に少しだけ意識してみると動きが違ってくるかもしれませんので、是非取り入れてみてください。
 
では、次に前後方向の重心位置について考えてみましょう。打突時にスムーズに出るには前後方向の重心位置も関係があるのでしょうか?
 

SPONSORED LINK
 


 

前後方向の重心の位置!一体どこが理想なの?

構えた時の重心位置はどこが理想なのでしょうか?剣道を始めた時に教えて貰うのは、

先生
右足と左足の真ん中に重心が来るように構えましょう!

ってことだと思います。つまり、5:5の割合で左右の足に体重を乗せるということですね。一般的にはこれが構えの基本。あなたもそう教わりましたよね?

ところが、実際はそうではない場合が多いようです。

  • 右:左=6:4
  • 右:左=7:3
  • 右:左=4:6
  • 右:左=3:7

 
などですね。そして、前後の足幅についても広かったり狭かったりと色々です。傾向としては脚力の強い人、特に若い人は足幅が広く、重心位置も前寄りという場合が多いですね。逆に、年配の方の場合は重心位置が後ろ寄りで足幅も狭いという方が多いようです。

私も歳と共に足幅は狭くなってきました。重心位置についてはほぼ真ん中だと思いますが。

Yちゃん
どうして重心位置がそんなに違うの???

実は、重心位置の違いによって、それぞれメリットとデメリットがあるんです。下の表に簡単にまとめてみました。

重心位置 メリット デメリット
前寄り 素早く出られる 飛距離が短い
後ろ寄り 飛距離が長い 素早く出られない

 
重心位置が前寄りの場合、素早く打突動作に移行できるので、出端技を狙う場合などには有効です。しかし、反対に左足の蹴りが弱くなってしまうので、遠い間合いからの打突は届かない可能性があります。

ですから、脚力の強い人の場合は多少遠い間合いでも届くので、前寄りの重心位置で構える人も多いということになります。

逆に、重心位置が後ろ寄りの場合は、左足が効いているので遠い間合いからの打突ができます。遠い間合いから飛ぶので打突自体に時間が掛かって不利になるように思えますが、攻め方の一つとして考えれば応じ技に変化し易いという利点もあります。

但し、重心位置が前寄りの場合と比較すると素早い打突ができないので、出端技は苦手な傾向があります。
 
つまり、重心位置は、その人の剣道スタイルによって大きく変わってくるということです。その特性を良く理解すると、実践に活かすことができるのではないでしょうか。

そして、重心位置の前後に関係なく、スムーズな重心移動ができることで、その特性はより一層活かすことができると思います。
 

まとめ

今日は剣道で重要な重心移動について考えてみました。稽古をしていると、時々重心の話をされることがありましたが、なかなか理解できなかったのは私だけでしょうか?しかし、今回の記事をまとめてみて、以前よりは理解できるようになりました。

では、もう一度記事を振り返ってみましょう。

重心移動をスムーズにするには、打突時にひかがみを張ることがポイントでした。打突時に左足を蹴る動作が必要になりますが、この時に一旦踵が下がるというのです。

しかし、上級者の場合はひかがみを張ることで、下に向かう力を上手く爪先に伝えることができ、踵が下がるということがありません。

そして、前後方向の重心位置については、あなたの剣道スタイルに合う位置を見付けてください。脚力が強く、出端技を狙いたいという場合には前寄りに、遠くから跳びたいという場合や応じ技を狙いたいという場合には後ろ寄りにすると良いでしょう。

スムーズな重心移動ができると、攻め方にも幅ができますし、更に剣道が面白くなるのではないでしょうか。早速明日から検証してみてくださいね。

SPONSORED LINK
 

 - 剣道の基本技

Comment

  1. kenndo より:

    自分も記事の通りひかがみを張るのは大事だと思います。でもひかがみを張るといっても伸ばしすぎず曲げすぎずちょうどいい曲げ具合のひかがみを覚えるのって難しいです。そこで構えた際に左足のかかとの上げる高さは足の親指が1本入るくらいがちょうどいいらしく、そうすると自然とちょうどいい曲げ具合のひかがみにるんですね。

    • 野川 より:

      kenndoさん
      いつもコメントありがとうございます。
      「ひかがみを張る」というのも非常に曖昧で、よくわからない表現ですよね。私自身もわかったような、わからないような感覚です。
      足の親指が1本入るくらいという表現、とても解り易くて良いですね。子供達に指導する時に使わせて頂きたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

剣道の胴の打ち方!3つのコツで返し胴だって簡単!

剣道で最も解り易い技と言えば、やはり胴打ちですよね。そんな剣道の胴打ちに関して中 …

剣道は足だ!足さばきが上達すれば剣道は格段に良くなる!

うちの息子は小学3年生です。最近、隣の剣道クラブに出稽古に行くことが多くなったこ …

剣道の素振りはこんなに種類があるって知ってました?

剣道の素振りって皆さん好きですか?   私は学生時代、素振りが大嫌いでした!! …

木刀での素振り!3つの効果を実践に活かそう!

それは、道場で私が一本の木刀を振っていた時のことでした。 剣道の素振り用木刀って …

剣道の基本動作の大切さについて考えてみよう!

とある稽古後の小学3年生の息子との会話です。 イチローは基本がしっかりしてるから …

剣道において跳ね足は非効率!速く打ちたいなら直しましょう!

先日、M宅先生から剣道の稽古で面打ちをする時に跳ね足になるという相談がありました …

剣道の突き!上手く打つコツはこれだ!

テレビで第16回世界剣道選手権大会の生中継を観戦しながら、かずき君とLINEでや …

剣道における小手面の打ち方!5つのポイントで一本を取ろう!

そうなんです。実際に稽古を見ていると確かに遅いと感じるのですが、ビデオで確認して …

剣道において竹刀の握り方は最も重要?

『先生、うちの子の打ち方何かヘンじゃないですか?』   Yちゃんのママに相談され …

剣道の右手打ち!どうやって直す?歩行の原理から考えよう!

中学生のNさん、小学生の時にはそれ程注意されなかったことを注意されるようになって …