剣道中毒

剣道中毒患者の為の処方箋あります

*

剣道の出小手が難しい?コツをこっそり教えましょう!

我が家の娘は父親の剣道を見て育ったからか、小学生の頃から出小手が得意なのですが、どうやら最近ちょっと不調のようです。どうしてでしょうか。

出小手打ったらさ、グサって刺さる感じになるんよ。何で?

グサって、脇の方に刺さる感じか?タイミングが遅いんちゃう?

それが、上手い人が元立ちの時は綺麗に決まるんよ。元立ちが下手やとそんなんなる?

あぁぁぁ~、そういうことか。納得やわ。

何?何がおかしいの?出小手のコツもう一度教えてよ!!

元立ちが上手だと応じ技もやり易いというのは剣道あるあるかもしれませんが、それでは駄目ですよね。色んなタイプの剣道に対応できなければ本物の出小手ではありません。

というわけで、今日は
 
剣道の試合で出小手を使おう!コツを伝授します!
 
というテーマを取り上げてみましょう。相手がどんなタイプでも出小手が打てるようにコツを掴めるように解説したいと思います。明日からの稽古に早速活かしてくださいね。
 

SPONSORED LINK
 


 

出小手のコツは先を取ること!

娘が出小手を打つとグサっと刺さるのは、恐らくこちらの記事の一つ目の出小手対策と同じ状況ではないでしょうか。

つまり、面を打つ時にその場で大きく振りかぶるタイプですね。初心者や年配の高段者の方はこのタイプが多いでしょう。

逆に、出小手が打ち易いタイプというのは、面を打つ時に腕の振りが小さく、前に出ながら打つタイプの人ではないかと考えます。

そういうことなら納得!確かにうまく打てない相手は初心者の子が多いかも。

でも、そういうタイプにも対応することは可能ですよね。出小手は動いている相手の打突部位を予測して打たなければなりませんが、その予測位置が間違っているというだけの話でしょう。

出小手は、本来なら技の起こりを打つ技なのでどのようなタイプでも同じ位置を打つべきなのかもしれませんが、それは理想論。本当の技の起こりはなかなか打てるものではありませんよね。

では、分かり易い出小手の映像を見てみましょう。丁度スロー再生の動画があったので、こちらが参考になると思います。

出小手という技は一見、

  1. 相手が面を打つ
  2. 面に合わせて小手を打つ

 
という技のように思えますが、上の動画を見ると、相手が面を打つ前に一仕事しているのがよくわかりますね。そういう目でもう一度動画を再生してみてください。

わかりましたか?良く見ると、小手を打つ人の方が先に動いているのがわかります。しかし、単に動いているわけではありません。いわゆる「先を掛ける」ということです。先を掛けて攻めています。つまり、正しい出小手は

  1. 攻めて相手を動かす
  2. その起こりに小手を打つ

 
という部分が最も重要と考えます。ですから、相手が面を打ってくる場合に限らず、小手に対しての出小手、胴に対しての出小手という技も可能ということになります。ただ、最も分かり易く、剣道の試合で最も決まりやすいのが面に対する出小手というだけで、本来の出小手というのは起こりを打つ技なのです。

ですから、出小手を成功させるコツは、

  • 自分から攻める

ということに尽きるでしょう。本当にそれができれば、あとは真っ直ぐに打つだけなのですが、それでも我が家の娘のようになかなか打突部位を捕えることができない場合があります。打突部位をうまく捕えられないのは、攻めと打突がうまく連動してい為に少し出遅れてしまうことが原因でしょう。

しかし、多少出遅れたとしても、元立ちが前に出てくるタイプなら出小手の成功確率は高いのです。問題は相手が前に出てこないタイプ。では、そんなタイプにはどうすれば良いのでしょうか?実は、ちょっとしたコツがありました。
 

SPONSORED LINK
 


 

出小手を成功させるコツは未来位置を打つだけ!但し位置調整が必要!

前に出てこないタイプの人にも出小手を決めたい場合のコツは簡単です。

振りかぶりの頂点を狙って打てば良いだけ。

簡単ですね。出小手に限らず、相手の打突を利用した応じ技や返し技というのは止まっている相手に打突するわけではないので、打突部位を捕えようとするとある程度の位置調整が必要になってきます。狙う場所は未来位置なので、予測と違うスピードや軌道で打たれるとうまく打突部位を捕えることができません。

出小手を打つときに出遅れている場合について考えてみましょう。

前に出ながら振りかぶるタイプの人なら、多少位置がずれていても大丈夫でしょう。自分との距離が短くなる分にはある程度対応できるからです。しかし、逆はどうでしょうか。前に出ずに大きく振りかぶるタイプにはスカッと空振りすることになるでしょう。では、その状態をイメージしてください。小手を打ってくださいと言わんばかりに小手がガラ空きですよね。

大事なことなのでもう一度言います。
ちょっと上の小手を打つ必要がありますが、小手がガラ空きなので出小手は打てます。

コツは振りかぶりの頂点を打つということ。そして、通常の小手の位置よりも遠くを打つことになるので、いつもよりも少し大きく踏み込む必要があります。そこさえ注意すれば出小手なんてとっても簡単ですね。

あっ、そうか!!もうちょっと前を打てば良いだけなんやね。

そういうことですね。
 
では、更に出小手を確実に決めるコツについて考えてみましょう。
 

出小手を確実に決める3つのコツ!

実は、出小手はコツさえ掴めば決まる確率はかなりUPすると考えます。その為には、基本稽古の時に次のことに注意して取り組むと良いでしょう。

  1. 打つ時には腕を伸ばして前の方で打つ
  2. 鋭く竹刀の先端に近い部分で打つ
  3. 踏み込みを速くする

 
まず、出小手はいわゆるカウンターパンチのような技なので、相手が打つタイミングに腕を伸ばせば打突部位を捕えることができます。近い間合いで打とうとするとかなり難しいと思います。体さばきが上手にできる人なら大丈夫だとは思いますが、基本的には腕を伸ばして前の方で打つのが良いと思います。

その際に、竹刀の先端側で打つイメージを持つとより効果的でしょう。とある剣道雑誌の付録DVDで解説されていたのを見て

なるほど!!竹刀の先端に近い方が冴えのある打突ができるのか!

と、納得しました。鋭く打つのがポイントです。

そして、踏み込み。上半身と下半身は連動すると言われますよね。ですから、踏み込みがとっても重要です。踏み込みを鋭く速くすることで、竹刀の打突も鋭く速くなるでしょう。ここを意識するだけでキレのある出小手が打てるようになるはず!!
 

まとめ

今日は剣道の実戦に活かせるように出小手のコツについて取り上げてみました。如何でしたか?では、もう一度記事を振り返ってみましょう。

剣道の試合や稽古で出小手をうまく決めるコツは下の通り。

出小手を決めるコツ
  • 攻めて相手を動かす
  • その起こりに小手を打つ
  • 相手に合わせて正しい未来位置を予測する
  • 打つ時には腕を伸ばして前の方で打つ
  • 鋭く竹刀の先端に近い部分で打つ
  • 踏み込みを速くする

 
更にこちらの記事も参考になると思います。似たようなことを書いていますが、良ければ読んでみてください。

 
特に小学生の低学年の子供たちは面を打つことが多いので、小手が打てるようになると面白いように試合に勝てたりします。そればかりに拘ってしまってはいけませんが、技のバリエーションを増やすという意味でも色々な技を稽古してみましょう。

SPONSORED LINK
 

 - 剣道の応用技

  関連記事

剣道は中心を取ることが重要!足を使うってどういうこと?

少年団の稽古を終えた小学6年生のD君。少しすっきりしないような表情です。 という …

剣道の出小手!対策があったら教えて!

剣道の試合を見ていると、比較的決まり易い技ってありますよね。得意・不得意がありま …

剣道は応じ技で差を付けよう!コツを掴めば応用もできる!

剣道の醍醐味と言えば、応じ技ではないでしょうか。相手の打突をかわして攻撃するって …

剣道で合気になること!それは気迫と気迫のぶつかり合い!

剣道の稽古をしていると、先生方の説明の中で『合気(あいき)』という言葉を使われる …

見取り稽古の意味をよく考えて自分の剣道に活かそう!

少年団の稽古で腹痛を訴えて稽古から離脱したヒロ君。 上手い人の技を見て盗む。見取 …

剣道の攻めと溜め!永遠のテーマを追求しよう!

攻めと溜めって本当に難しいテーマですよね。私なんかが語るのは本当に恥ずかしいレベ …

剣道の上段対策!上段が嫌がるのはこの攻め方!

私が学生時代の時の話です。 実は私の周りの剣道仲間には何故か上段の選手が居ないの …

面すり上げ面を決める4つのコツ!あなたの得意技が一つ増えます!

剣道の稽古をしていて、時々先生に褒められる技があります。それが面すり上げ面。意外 …

剣道の引き技!崩し方のパターンを使い分けよう!

剣道の試合で引き技が決まるようになってきたT君。鋭い打ちができるようになってきた …

剣道に励む中学生!捨て身の逆胴は一本になるのか?

中学生の拓君と剣道の稽古の休憩中に話していたのですが・・・ 剣道における打突部位 …