続!小手打ちに悩む・・・

右の肩甲骨辺りが原因不明の痛みで・・・

かなり良くなってきたので、今日は久々に稽古できました。2週間振りでしょうか。ん???実は肩甲骨付近だけではなくって、左太ももも少し肉離れっぽいんですよね。しかも、ちょっと風邪気味だったりして。

肉離れっぽいのは、準備運動で既に痛かったりしてどうなることかと思いましたが・・・

地稽古をする分にはそれ程太ももの筋肉を使用していないようで、稽古は普通にできました。どうやら日頃の稽古では太ももの筋肉は殆ど使用していないようです。だから少し激しい稽古をすると痛めてしまうんですね。ダメじゃん!!
 

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

 
さて、今日の稽古は先週に引き続きM先生の小手打ちの悩みに一緒に悩んでみました。果たして、悩みは解決したのでしょうか・・・

答えは藪の中。
 

SPONSORED LINK
 


 

小手打ちの角度?打ち方?これって正解?

小手打ちの関しては、前回の記事の続きです。読まれていない方はこちらを読んで頂けると、話の流れがわかるかと思います。

M先生と一緒に小手打ちについてアレコレ考えていると、自分の小手打ちが正しいのか否かということもわからなくなります。自分で小手を打っていても全く自信が持てない状況ですね。

実は、基本稽古の時にM先生の小手打ちを2回(合計6本)受けたのですが、残念ながら正しい打突部位(小手筒)に当たった打突は2本だけ。打率で言うと3割程度なんですね。元立ちが小手を開けている状態で3割打者なんですよ。

で、私はと言うと・・・

10割打者でした。

不思議になって、ゆっくり、軽~~~く打ってみたのですが、それでも良い感じに打突部位を捉えます。こんなことを書くと、

ちょっと偉そうじゃない?話盛ってるでしょ?
とか思われるかもしれませんね。しかし、これが事実なんですよ。基本打ちの小手打ちなんて、殆ど外したことがありません。多分。多分・・・

でも、本当に自分でもよくわからないんですよ。

あれっ?何で当たるんだろう?
考えれば考える程にわからなくなってきます。

M先生との打ち方の違いは何かと考えたところ・・・

M先生は基本に忠実に真っ直ぐ振りかぶって真っ直ぐ振り下ろすという感じです。それに対して私の小手打ちは、左右の手の位置が若干左に寄りながら打ってました。多分そうしてます。はっきりと言い切ることはできないのですが、ほんの1cmくらいです。いや、1cm未満かもしれません。本当に少しだけ左寄りなんですよ。

M先生は真っ直ぐなので、殆どが拳に当たる感じですが、私の場合は小手筒に当たります。

イメージで言うと、こんな感じ。

解り辛いかもしれませんが、これ以上の画像は作れませんので許してください。

で・・・

これってどうなの?正しいの?正しくないの?私の場合は、長年の経験から、自然とこういう打ち方を編み出したようです。言わば、秘伝。(笑)
決して、先生からこうやって打てと教わったわけではありません。ということは、間違っているのでしょうか。

こんな打ち方をして斬れるわけがない!!

と叱られるようなレベルの打ち方なのでしょうか?どなたかコメントください。

SPONSORED LINK
 

6 件のコメント

  • お世話になっております。伊藤です。今回の話はとても興味がありましたのでコメントさせてください。

    まず、野川先生の小手打ちの方法は間違っていない…というか、上手な方はみなさんこの打ち方をされていると思います。
    左手を中心に置いてしまうと、必ず横から打ったりしてしまい、鍔やにぎりに当たってしまいます。
    私の場合は生徒にこの形で教えていますしね。

    ただ、相手の小手の空き方によって、左手の位置が変わってきますので、ここは練習して体得するしかないと思います。

    私もこの内容で記事を書いてみたくなりました笑

    • 伊藤先生
      コメントありがとうございます。
      やはりそうですよね。全日本で優勝している方なんかも良く見るとそうなっていますし、アリということにしておきます。
      伊藤先生が書かれる記事にも興味があるので、是非お願いします。

  • いつも拝見させていただいております。
    自分も同じような小手の打ち方をしています。中学生のときに、「左手を中心から外し、もっと左にはずせば相手の小手を上から無理やり打てるのでは!?」と思いつき、それ以来実践しています。この打ち方だと、たしかに100%決まりますね。相手がしっかり構えていても入りますので、気分が良いです。大人になってからは、むしろ体全体を左にずらして打ってみたりもしています。

    • 水草アキラさん
      コメントありがとうございます。
      私の場合は相手がしっかり構えていると打てません。
      水草さんは更に上級ですね。
      本来は体全体をずらして打つのが正しいのではないかと考えています。
      言葉の表現が難しですが。

  • 初めてコメントさせていただきます。
    私が子どもの頃に通っていた道場には小手が得意な先生が二人いて外のうち一人は野川先生と同じ打ち方を教えてくれました。
    もう一人の先生は右足の踏み込みを足の幅ひとつ左に踏み込むと打ちやすいと教えてくれました。
    後者の方はどうしても足がこんがらがってしまい難しくて未だに体得できません。

    • いっちょさん
      はじめまして。そして、コメントありがとうございます。
      基本はやはり左に踏み込む方法だと思います。子供に教える時には「相手の右足を踏むつもりで」って教えますので、それと同じですね。確かに足がもつれそうになりますが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
    子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。