世界選手権って遠征費が大変みたいです・・・

明日と明後日は一泊二日で社員旅行です。以前勤めていた会社では社員旅行なんてものはなくって、転職した同期の子が社員旅行に行ってきたって聞くと、

社員旅行があるなんて羨ましいなぁ~
って思っていたのですが、今では
わざわざ休日を潰してまで会社の人と一緒に旅行なんてしたくないわ・・・
なんて考えになってしまっている管理人です。こんにちは。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

いや~、本当にね、めんどくさいんですよ。会社って良い人ばかりじゃないじゃないですか?しかも、バスとか旅館とか、お風呂とか、宴会とか嫌いな人と一緒だったりしたら最悪ですよね。

ちなみに、私は職場の宴会なんかも近年は殆ど参加していません。剣道関係の飲み会とPTA関係の飲み会は喜んで参加するんですけどね。何ででしょうね???

ところで、今年は9月に剣道の世界選手権があるそうです。3年毎に開催される凄く大きな大会です。前回は日本武道館で開催され、日本各地の道場には各国の選手が訪れて稽古をされたそうです。

今年の開催は韓国。そして、お友達のタニアさんがニュージーランド代表で出場するようなのです。凄いですね。タニアさんは、小学校に英語を教えに来ていた先生で、PTAの懇親会の時に初対面にも関わらず

剣道しません?
って軽~~~く誘ったのがきっかけで剣道を始められました。まさかこんなにどっぷりハマるとは思いませんでしたが、やっぱりPTAの飲み会には参加しておくべきです。(笑)

タニアさんは、ニュージーランドに帰国されてからも地元の道場で剣道を続けておられ、そしてとうとう世界選手権にまで出場するレベルに・・・しかし、剣道の世界選手権って色々と大変みたいです。社員旅行みたいに何も考えずに行けるようなレベルではないことだけは確かですね。
 

SPONSORED LINK
 


 

遠征費用は寄付?

こちらはタニアさんのFacebookです。シェアして!!って書いてあったので埋め込んでみました。

時間で言うと、表示が”-0:10”のところの集合写真の右から4番目がタニアさんです。本当に代表選手なんですよね~~。

当然、私は世界選手権に出場したことがないので詳しくは知りませんが、日本から出場する選手の遠征費用というのは全日本剣道連盟から支払われているものと思われます。私も会費を納めているので、一部は賄っていることになりますね。

日本の場合、剣道連盟の会員が非常に多いので、遠征に掛かる費用というのは特に問題になることはないでしょう。しかし、海外の選手となると、そういうわけにも行かないようです。それがオリンピックのようなメジャーな大会なら、どこかから援助があるのかもしれませんが、剣道では・・・ねぇ。

先程埋め込んだ、タニアさんのFacebookの投稿記事は、どうやら世界選手権に向けての寄付を集めているようなのです。英語で書かれているので全くわからないのですが、翻訳機能でそんな感じに読み取れました。Facebookの翻訳機能を使って翻訳してみると・・・

私は, 9月に剣道世界選手権のためにニュージーランドに向かうニュージーランド剣道チームの一部です.

私のクラブから4年のうちに, 1000人のサウスアイランドクラブと一緒に資金調達のために1000カットカットをして, 資金を集めることができました(6000-7000万ドルの費用と推定されます! ). 余分な小銭を持っていて, 寄付する約束をすることができます. 以下のことを私に知らせてください. そうでない場合は, このリンクをクリックすると, 寄付できるページへのリンクがあります.

って・・・

全然わからないんですけど・・・
どういう意味なのでしょうね?もうちょっと英語を勉強しておけばよかったと思う今日この頃です。

さて、タニアさんの所属しているニュージーランドチームは、韓国で開催される世界大会の直前に日本に立ち寄って稽古をされるという情報を入手しました。そして、その稽古場所として選ばれたのが、タニアさんの第2の故郷である我が町近辺なんだそうです。

というわけで、ホームステイ先を探しているという話も聞いたのですが、残念ながら我が家には空き部屋とかも無いので無理かなぁ~~~って思ってます。

皆でウッディパル余呉に泊まるっていうのはどうでしょうか?64,800円で40人泊まれるみたいですよ。素泊まりですが。

個人的に泊まってみたいです。

SPONSORED LINK
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。