見聞色の覇気はやっぱり気のせいだった・・・

今日は春分の日ですよね。
暑さ寒さも彼岸まで・・・
のはずですが、凄く寒い一日になりました。こんな日は引き篭もりが一番です。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

基本的には引き篭もりなのですが、夜は稽古へ。息子と娘も参加。家族で出稽古できるって幸せですね。子供達はあんまり乗り気じゃ無さそうでしたが・・・

乗り気じゃ無さそうな子供達を尻目に、私自身はノリノリ気分で稽古に参加。しかし、稽古内容はイマイチでした。イマイチというよりも、全然ダメな感。どんな感じで駄目かというと・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

気のせいの延長上はただの気のせいでした・・・

昨日の記事で、見聞色の覇気について書きました。こちらの記事です。

「気のせいの延長上に見聞色はある」ということでしたが、今日の稽古では「気のせいの延長上はやっぱり気のせい」でした。

特にM宅先生との稽古では全然ダメでした。

M宅先生との稽古では、何度も

あっ!面来る!!
動く!!
という場面があったのですが、ことごとくハズレました。ただの気のせいだったんですね。

M宅先生、最近タメが凄いんです。打ちそうで打ってこないんです。で、こちらが焦って打ち急いでしまうと思う壺・・・という感じになってしまいます。

見聞色の覇気はなかなか開眼しないようです。気のせいの延長上にあるとは思うのですが、その精度を上げていく必要がありそうです。高段者の先生方にはまだまだ通用しないレベルですね。

SPONSORED LINK
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。