剣禅一如!今年度の最初の練成会に参加!

今日は緑苑さんが主催される練成会に息子が参加しました。本当ならうちの子なんか参加もできないようなレベルの高い練成会なのですが、地元出身の先輩に無理を言って参加させて頂いてます。

というわけで、今日は息子の6年生としての初試合。強い選手と沢山の試合をさせて頂きました。良い経験になったと思います。沢山、沢山、たくさん、たくさん、たくあん・・・

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

ところで、会場正面に飾ってあった緑苑さんの武旗に「剣禅一如」と書かれていました。あまり聞いたことが無い言葉だったので調べてみると、沢庵和尚の「不動智神妙録」の教えで、『何かを極めるには、心の修行が必要で、それは、剣でも、禅でも同じだということ』ということだそうです。

なるほど!たくあん和尚の言葉だったんですね。剣道を極めるのは無理だと思いますが、極められるように心の修行をしていきたいものです。というか、今日は私もまだまだだな~~と感じさせられました。錬成会とは無関係なのですが・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

うまく伝えられない私はまだまだ・・・

左足の疲労骨折の為、下半身だけ運動禁止の我が家の娘は自宅で上半身の稽古をしています。何をしたら良いのかと相談されたので、パンチングボールを打つようにと伝えたのですが・・・

イマイチうまく伝えられないのです。

何か違う!!
こうよ、こう!!

みたいな。
すると・・・

そう言えば、顧問の先生に、『手首を動かさずに指を使って振れ』って言われたことがあるんやけど、全然わからんのよ!
と。
で・・・
こういうことやろ?
みたいな・・・

どうやら正解だったみたいで。(笑)

結論・・・

顧問の先生は説明は上手くて良くわかるのだが、手本を示すのがちょっと上手くない。逆に、私は説明が全然わからないのだが、手本としては良いらしい。というわけで、両方を組み合わせて考えてみたところ、世紀の大発見となったらしいのです。(笑)

私自身、上手く説明できないという時点で、まだまだ極めることは難しそうです。心の修行というよりも、言葉の修行が必要かもしれませんね。
 
 
さて・・・
娘は足の怪我が治ってからが楽しみですね。下半身の運動ができない1か月間でその打ち方をマスターして貰いましょう。そして、足が治ったら一皮剝けた剣道をしてくれることでしょう。

SPONSORED LINK