やっぱり審査って難しいですね

今日は市の剣道連盟主催の昇級審査が開催されました。
対象は中学生以上と小学6年生で2級を受有している子供達です。

というわけで、うちの息子も1級を受審しました。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

いやぁ~~~、審査って本当に難しいですね。
段だろうが、級だろうが、難しいです。審査する方も難しいと思いますが・・・

では、早速息子の立ち合いをご覧ください。

一人目の立ち合いと二人目の立ち合いの違いと言いますか・・・
やっぱり相性ってありますよね。
もし、一人目の相手と似たようなタイプがもう一人居たら合格できなかったのでは?と思います。実際はわかりませんけど。

本来なら、どんなタイプの人が相手でも自分の剣道を貫けるようにならなければならないのだと思いますが、なかなか難しいです。私自身も苦手なJKとか居ますし、切実に感じますよね。

さて、もうすぐ六段審査、七段審査を受審される先生が私の周りにもチラホラおられますが、相性の良い人が相手だと良いですね。

SPONSORED LINK
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。