モノノフって武士(もののふ)の意味?

「年齢と共に筋肉痛は遅れてやってくる」ということを良く聞きますが・・・

それって俗説でしょ?
って思っている管理人です。こんにちは。

私の場合は必ず翌日に筋肉痛に襲われるので。但し、なかなか治りません。土曜日に軽く筋トレしたのですが、3日経っても治らずに苦しんでおりますが、負けずに頑張りたいと思います!
 

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

 
ところで、今朝の新聞を見てみると、地方版のところに大きく「ももクロ」の記事が掲載されていました。記事内容は東近江市で開催されたライブについてです。昨日のYahooニュースにも出ていましたね。

全国ニュースでしたね。テレビでも紹介されていたようです。記事内にも出てくる「モノノフ」って良く聞くようになりましたが、

「ももクロ」と関係ないのでは?
って思っていたのです。モノノフって漢字で書くと武士ですよね。どうしてなのか気になったので調べてみました。
 

SPONSORED LINK
 


 

やっぱりモノノフ=武士だった!

YouTubeで検索すると、先日のライブの様子が出てきました。記事内に埋め込める動画が少なかったのですが、こちらは大丈夫そうでした。


 
ということで、「もののふ」を調べてみると、『武道を修めた戦士を指す語』とありました。 そして、カタカナ表記のモノノフについては、『女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のファンならびにライブの観客を指すことが多い。』と書かれていました。
 
しかし、どうしてももクロファンのことを「モノノフ」と言うようになったのでしょう?調べてみると、下記のように書かれていました。
 

2010年、ももいろクローバーZが『ピンキージョーンズ(2ndシングル)』発売時、圧倒的な人気を誇っていた女性アイドルグループAKB48に対して下克上を表明、『アイドル桶狭間 池袋の陣~いざサンシャイン~』と銘打った発売記念イベントを企画(当日、メンバーは甲冑姿で登場)。そのイベント呼びかけの「ファンの皆さんは鎌倉時代のモノノフです」というセリフがファンをモノノフというキッカケとなった。
日本語俗語辞書より抜粋

 
ももクロファンも色々と動きが激しくて大変ですが、ファンも常に闘っているということでしょう。そして、もうアルバムなんかにも「モノノフパック」なんてものもあるようです。


 
ところで、先程のYahooニュースの記事を読んでいると、気になる部分がありました。滋賀県剣道連盟に所属している方はお気付きだと思いますが、実は、私はインタビューに答えてる方と稽古したことがあります。

こんなところに本物の武士(もののふ)が・・・
こういうのって個人情報丸わかりで怖いですね、

しかし、こんな大きな仕事が終わった後って、きっとももクロロスになられるのではないでしょうか?楽しみにしていたことが終わってしまったら、もう何の楽しみも無い・・・みたいな。
 
 
そう考えると、中体連や高体連の大会に向けて本気で努力し続けた人が大会を終えて燃え尽き症候群になるというのも納得できます。燃え尽きれば・・・の話ですけど。

SPONSORED LINK
 

2 件のコメント

  • あら、またシンクロしてしまいました。
    最近ワタシも筋トレやりはじめて、土曜の後遺症が響いてます(^-^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です