昇段祝賀会と中高合同稽古会・・・稽古149回目

今日は午前中に湖北地域の中高合同稽古会に参加してきました。
何の稽古会かよくわかっていなかったのですが、娘が参加するというので送迎ついでに防具持参。

そして、夜は稽古仲間H積君の六段昇段祝賀会に参加してきました。
 
まずは午前中の稽古会から・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

台風の影響で床が滑らない・・・

稽古会に行ってみるも・・・

見てるだけじゃ暇やなぁ。
ということで、中高生と一緒に基本稽古から参加してみました。

台風の影響か湿度が非常に高く、体育館の床が全然滑りません。朝方少し雨が降っていた程度で、まだそれ程台風の影響を感じないのですが、床の滑り具合と防具の湿り具合で何となく台風を感じるって不思議な感じですね。

そんな床の具合もあり・・・

何か、思ったようにすり足ができないんですけど・・・
という感じで、元々下手な基本打ちが更に下手になってしまいました。そんな今日の稽古会ですが、ちょっと気になったことがありました。

例えば切り返し。確かにいつもやっている切り返しとは少し違いました。参考になる動画がありましたので40秒付近からご覧ください。


すり足で打つ切り返しです。普段の稽古ではやったことがないかもしれませんが、そんなに難しいことではありませんよね。指揮のM先生が集合を掛け、皆の前で見本を示し、丁寧に解説をしてくださいました。とても解り易い説明だったと思います。

元の場所に戻ってやってみると・・・

えっ!?
今、何を見てたん?
何を聞いてたん?
って感じです。パッと見た感じ、4分の1くらいの子が踏み込んで打っていたように見えました。どうしてなのでしょうか?これは非常に難しい問題ですね。少人数なら個別に注意していけば良いと思いますが・・・
あんなに解り易い説明でも理解して貰えないとなると、私の解り難い説明なら全然理解して貰えないだろうなぁ・・・
なんて考えてしまいました。難しいですね。

それと、もう一つ。とっても解り易かったのが、返し技、すり上げ技の説明でした。

M先生
返し技、すり上げ技は刃ではなく鎬(しのぎ)を使うようにしましょう。
ということです。恥ずかしながら、
そういうことか!!
って思ってしまいました。自然にできてしまっていたすり上げ技、返し技、今まではできない子に上手く説明ができませんでした。でも、もう安心です。これで上手く言葉で表現できるようになりました。(多分)

凄く勉強になりましたが、良く考えると日本剣道形でもその通りなんですよね。刃引きで打つと良くわかります。刃で受けるととんでもないことに・・・
そんな感じで、おっさんにも実のある稽古会でした。
 
さて、夜は祝賀会です。
 

SPONSORED LINK
 


 

昇段祝賀会

剣道関係の飲み会は何故か楽しい。何故なんだろうか・・・
職場の飲み会は苦痛でしかないのに。(笑)

そんな感じで、今日の祝賀会も楽しめました。

beer

H積君の六段昇段お祝いなので、好きそうな後輩(若い女性)二人を極秘で誘っておきました。まだ私もH積君も若かった頃に少年団で教えていた子達。もうお酒が飲める歳になっているなんて不思議な感じですね。おっさんらに稽古しろって言われてかわいそうでしたが、楽しんで貰えたみたいでよかったです。

ちなみに、主役のH積君よりも昨日の昇段審査でちょっとやらかしてしまった後輩のT川君の方が主役を奪ってしまったという感じ。先輩の祝賀会の為にわざわざネタを提供してくれるなんて、面白過ぎますよね。

最後の最後までそのネタで盛り上がりました。
 
しかし・・・

ちょっと呑み過ぎてしんどいです。いや、そんなに呑んだわけじゃないんですが、基本的にアルコールは呑めないので・・・
しんどくて眠れません。

おやすみなさい。

SPONSORED LINK