腱鞘炎じゃなかったらしい


ブログランキングに参加しています。
応援お願いします!
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

 
予告通り、整形外科に行ってみました。今日もS浦先生を見掛けました。(ちょっと遠いところにおられました)先生も長いですね。お大事に。

というわけで、診察してもらいました。腱鞘炎だと思ってたのですが、実は腱鞘炎じゃなかったみたいです。
 

SPONSORED LINK
 


 

全治3か月と診断されました

レントゲンを撮って貰い、診察。
骨には異常無し。
ですが・・・

TFCC損傷

上の写真は左手のレントゲンです。痛いのは右手ですが、基本的に同じ。赤いラインを引いたのですが、手首の部分を見ると、小指側の骨の方が少し長いですよね。先生曰く、

先生
手首の▲の部分あるでしょ?そこに軟骨複合体っていうのがあるのですが、小指側の骨が長い人はそこを痛め易いんです。

ということでした。

専門用語で言うと、TFCC損傷というものだそうです。更に先生の説明は続きます。

先生
僕もなったことあるんですけどね、なかなか治らないよ。最低3か月くらいですね。
剣道は良くないですね。

ということでした。どうも、剣道の動きが最も良くないそうです。剣道をする場合は、装具を着用した方がいいということなので、オーダーメイドで作って貰うことにしました。保険が使えるので、薬局で買ってるより安いみたいですね。

ちなみに、握力を計ったのですが・・・

右手の握力26kg!!
 
痛くて握れないんですけど。
 

まとめ

右手はしばらく使い物になりません。
でも、剣道は続けたいと思います。
やはり左手メインで。

右手は小刀を使う程度なら大丈夫でしょう。
多分。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。