ちょっと変わった試合をやってみました


何故か昨夜から下腹部(左側)が痛くて、今日は稽古をサボりました。稽古する気マンマンで行ったんですけどね、ちょっと踏み込んだら凄く痛くて無理そうだったので。

こんなところ、何で???
 

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

 
内臓が痛いという感じでも無いんですよね。かと言って、外傷というわけでもありません。何というか、皮膚に近い内側が痛いようなイメージです。こんなところに何かあるのでしょうか?

ちなみに、昨日はそこまで痛くなかったので普通に稽古できたんですよね。というわけで、今日は稽古せずに口だけで参加することにしました。今日の稽古では、最後に試合をすると決めていたのですが、何とか実施することができて良かったです。

試合と言っても、一風変わった試合ですが・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

基本稽古で身に着けた技を試合で使ってみよう!という趣旨だったのですが・・・

どうして試合をしようと考えたかというと・・・

基本稽古で覚えた技が試合で全然使えないんですけど・・・

という意見があったから。何とかして基本稽古で身に着けた技を使ってほしかったのですが、なかなかうまくいきませんね。

ちょっとレベルは違いますが、面白い動画があったので見てみましょう。

初心者には凄く良いプログラムですね。楽しそうです。機会があればやってみたいと思います。手拭いを取るゲームなんかいいですね。背が高いと断然有利かもしれませんが。
 
さて・・・

今日の試合のルールは下の通り。

今日の試合ルール
  • 攻めて打った技は打突部位を捕えてなくても一本とする
  • 交通事故のような打突は当たっても一本にしない
  • 2分間のランニングタイム
  • 時間内は何本取っても終わらない

 
審判は私一人。一審制です。私の主観で有効打突を決めていましたが・・・
後ろの方から、

基準がわからん・・・

という声が聞こえてきた通り、途中から自分でもわからなくなってきました。(笑)

と言うのも、実はちょっと思っていた展開とは違っていたのです。

想定していたのは、お互いにじっくり攻めあって相手を崩して技を出す。または普段試合では使ったことのないような技を使ってみる。そんな時には、多少打ちが軽くても、打突部位を捕えていなくても迷わず旗を挙げるつもりをしていたのです。

そうすることで、基本稽古で身に着けた技も実戦で使うイメージが掴めるかと思っていました。

しかし、実際にやってみると、バンバン打ち合う感じの試合になってしまいました。まぁ、自分から攻めるということはできていたのかもしれませんが、上の動画と同じで駆け引きという部分が全く感じられないわけですね。

これでは見ていて面白くありません。いや、実際は面白いんですけど、ちょっと想定していた面白さとは違ったわけですね。残念。

次回は私も参戦してみたいと思います。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。