剣道の稽古に最適の季節がやってきました!


今週は全然稽古ができず、金曜日になってようやく初めての稽古となりました。稽古をサボっている間に桜も散ってしまい、剣道の稽古に最適の季節がやってきました!!

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

今日はH積六段と二人で長浜武徳殿に出稽古に行ってきました。
 

SPONSORED LINK
 

今日もよく打たれました

稽古の参加者は水曜日に比べたら3分の1くらいなのですが、なかなか濃いメンバーです。小学生・中学生は殆ど参加しておらず、六段・七段がほとんどという感じですね。今日も小学生が一人。その他は七段が4名、六段が4名・・・かな?あとは四段・五段くらいの年配の先生。平均年齢はかなり高いです。

今日、一番打たれたのはK村先生。もう、いろんなことをされるので対応できません。どうしたらいいのでしょう?あまりにも色んな技を出され、本当にボコボコにされてしまったので、途中で笑えてきてしまいました。失礼しました。

色々な技を出される方、本当に苦手ですね。苦手を克服したいと思って、敢えてそういう方に稽古をお願いするようにしているのですが、見事に返り討ちに会ってます。(笑)

逆に、正眼の構えを崩されない先生の場合は比較的やり易い印象があります。今日は最後にI柳先生と稽古をして、一本勝負で面が決まりました。偶然ですけど。

恐らく、そういう先生は余計なことをせずに真っ直ぐにドカンと打ちたいという意識が強いのではないかと感じましたし、実際にドカンという打ちを何本も頂きました。心が折れそうになるくらいのドカンという打ちを・・・

しかし、正眼に構えておられるので、比較的竹刀を抑えたり、払ったりということが容易となり、そのまま打突に繋げることができたりします。そんな時ばかりではありませんが。平正眼だとそういうことができないんですよね。かと言って、突きを打っても当たらなかったり。(苦笑)

まだまだ勉強不足です。

まとめ

要するに・・・
 
攻撃は最大の防御!!
 
ということですね。相手の攻めに反応してしまうと後手後手に回ってしまい、隙だらけの状態です。何とかして先を取って攻めたいとは思っているのですが、どうやって攻めたら良いのやら・・・

試行錯誤中です。4月30日に子供たちの前で模範試合をすることになっているので、もう少し二刀で頑張ってみたいと思います。

ところで、稽古が終わると汗だくです。ついタオルを持って行くのを忘れがちですが、稽古の時には忘れないようにしましょう。外の風は少し冷たく感じたのですが、もうそんな季節なんですね。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。