お父さんがアキレス腱を切ってしまう理由

今日は昨日の息子との面打ちの特訓の成果を試すべく、稽古に参加してきました。しかし、色んな事を考えさせられる稽古会となりました。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

いや、面打ちは凄く速くなったような気がしました。当社比20%アップくらいな感じですね。大したこと無いって???いや、自分で感じられるくらいだったので、そこそこ良い感じだと思うんですよ。ただ、地稽古ではなかなか生かせませんでしたが・・・

地稽古では本当に皆さんにいいように打たれまくりました。正に動くサンドバッグ状態・・・話になりません。

しかし、今日の稽古で一番考えさせられたのは、怪我についてですね。今日はある先生が稽古中にアキレス腱断裂か?という状態になり救急車で運ばれてしまいました。剣道をしていると、アキレス腱断裂って本当に多いですよね。私は今のところ未経験なのですが、いつ切れてもおかしく無いと思っています。

私の周りでは剣道の稽古中にアキレス腱を断裂されている方が非常に多いです。今年のとある初稽古でも救急車で運ばれている先生がおられましたし。あぁ~~~、怖い怖い・・・

というわけで、アキレス腱断裂について、ほんの少しだけ考えてみました。
つづく・・・

SPONSORED LINK
 

若い頃のイメージそのままで動くと切れる可能性が高い?

アキレス腱を切った先生方の話を聞くと、色々と言われますよね。例えば・・・

  • 凄く体が軽いと思って調子に乗ったら切れた!
  • 振り向いた瞬間にいつもと違う方向に向いたら捻じれて切れた!
  • 夜勤明けで稽古したら切れた!
  • 数年振りに稽古したら切れた!

どれも間違いではないと思います。今日の稽古で負傷された先生も、恐らく数年振りの稽古だったと思います。私が稽古姿を見たのはもう10年くらい前になるんじゃないですかね?私が中学の時から憧れてた先生だったので、その時も稽古をお願いしたのを覚えています。

で、今日も

後で稽古をお願いしよう!!

と思って楽しみにしていたのですが、基本稽古の途中でこんなことに・・・

やはり若い頃の動けるイメージのままで数年振りに稽古をするというのは一番ヤバいパターンなのかもしれませんね。私なんか、常に自分の思っているように動けないので慣れっこですが、数年振りというと動けないという認識の無いまま跳んでしまうのかもしれません。詳細は不明ですが。

しかし、アキレス腱ってどうして切れるんでしょうか?こちらの動画内容がとても興味深かったです。

いや~~~・・・
福井県の整骨院なのに、福井弁じゃないっていうことに衝撃を覚えました。福井弁じゃないから全然頭に入ってきませんでした。(笑)というのは冗談で、アキレス腱に骨盤が関係しているというのは初めて聞いたのでこちらも衝撃的!!もしかすると、専門家の間では常識なのかもしれませんが、私は素人なので初耳でした。

アキレス腱の断裂って、予防なんてできないと思っていたのですが、それも間違いみたいですね。予防方法をもっと知りたいです。個人的には準備運動なんて意味がないと思っていますし。準備運動しても怪我をするときはしますよね。

寧ろ、準備運動よりも稽古後のストレッチの方が重要なのではないかと思っています。全然やってませんけど・・・

しかし、アキレス腱断裂の予防ができるというのなら、稽古前にはやっておきたいと思いました。もう少し勉強してみようかと思っています。ちなみに、S先生は

S先生
私は同じところを2回切ってますが、医者から言わせると、アキレス腱断裂は怪我の内に入らないそうです!!

と言っておられました。2回切ってるというのも凄いですが、私からしたらアキレス腱断裂は大怪我ですよ。生活に支障を来すレベルですよね。そう思うと、社会人は生活が懸かっているので常に怪我をしないような稽古をしなければならないと切に思います。

SPONSORED LINK