貪欲に

今日の夜はおでんにしようと思い、昨夜から煮込んでいるのですが、普段料理をしないので分量が全く分からず・・・

具、入れ過ぎじゃね???

となってしまった管理人です。その後、出汁を足してギリギリ具が浸かるくらいにはなりましたが・・・

いや~、おでんって色んな具材を入れたいと思うのが失敗の元ですよね。本当はもっと色んな具を入れたいのをぐっと堪えてのこの状態。思い通りにはいかないものです。貪欲は駄目ってことでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

貪欲がいけないのかというとそういうわけでも無いと思うんですよ。スティーブ・ジョブズも「貪欲であれ」って言ってますよね。他にも色んな人が言ってますが、しっくり来たのがこちら。

貧欲にまさる薬品はない
「キュロスの教育」より

貪欲というと、物欲のようなマイナスイメージの強い言葉という印象が強いかもしれません。物欲という意味では・・・


パンチングボール ボール部品

これが欲しいです。破れてきちゃったので。ボール部分だけ購入できるんですね。しかも、税込880円。そんなに高価な物でも無いのでポチっとしておきます。

SPONSORED LINK
 

プラスイメージの「貪欲」

実は、「貪欲」という言葉はプラスイメージとしても利用できる便利な言葉なのです。単なる物欲ということではなく、探究心と考えてみましょう。

ですから、剣道をするにも、勉強をするにも貪欲になることが良いと思います。そして、貪欲になることで、以前までは達成できなかったことが達成できるようになるかもしれません。逆に、貪欲にならずに何かの目標を達成することは難しいでしょう。

本当に貪欲はのようなものなのかもしれません。

極論を言えば、別に剣道なんて真剣にやらなくてもいいわけですよ。勉強はしておいた方が良いと思いますが、剣道を頑張ったところでそれ程メリットは無いような気がします。むしろ、いくら時間を掛けて努力をしても全然上達しないので時間が勿体無いとさえ思ってしまいます。

それでも尚、貪欲に稽古しようとしてしまいます。

貪欲に稽古

昨夜はちょっと色々とあったので稽古に参加するのを諦めたのですが、色んな人に助けて頂いたので何とか参加することができました。そんなにまでして参加したのに・・・

全然駄目でした・・・

貪欲が仇(あだ)となったのかもしれません。精神状態が稽古モードになっていなかったというか・・・まだまだですね。本当に剣道って精神状態に大きく左右されるので面白いと言えば面白いのですが、未熟さを思い知らされます。

普段の稽古でも平常心でいられないのに、審査や試合の時に平常心でいられるわけがない・・・

難しいですね。
これからも貪欲に稽古に取り組みたいと思います。

一つだけ良かった点は、基本稽古の時の面打ちが良い感じで打てたということですね。破れかけたパンチングボールを打った甲斐があったというものです。やはり私の場合は左肘の問題のようです。詳しくはこちら。

左肘を意識して面を打ったら、力を入れているわけではないのにビシッと打てた気がしました。気のせいかもしれませんが・・・

というわけで、そろそろおでんが出来上がった頃だと思うので、じっくり味わいたいと思います。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。