今週末は六・七段の審査(名古屋)ですね


先週末の剣友会で、T先生が、

T先生
この前の京都大会の動画を見てたら、Fさんの立ち会いがあったんですよ!!

と言いながらスマホでYouTubeを見せて頂きました。
 

おぉ~~、ほんまや。
F先生強いですね~!

でも、そんなじっくりは見ていられなかったのです。帰ってからじっくり見ようと思っていたのですが、なかなか見つかりません。う~~~ん、残念・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

なかなか良い立ち会いだと思いますが・・・

F先生の立ち会い動画を必死に検索してみたのですが、見つけられずに諦めてしまいました。でも、やっぱり気になるのでアドレスを教えて貰っちゃいました。「第112回 全日本剣道演武大会」とか、「平成28年 京都大会」とか色々なキーワードを考えて検索してみたのですが・・・

でも、どうしても気になったので、結局T先生にアドレスを教えて貰っちゃいました。そして、ようやく見られたのがこちらの動画です。

F先生の立ち会いは動画開始から4分10秒辺りから。それまでからチラチラ視界に入ってこられますので、気になる方はじっくりご覧ください。

動画を見てまず思ったのは・・・

F先生、生地胴やん。

ってことでした。(笑)

講習会とかは黒胴で参加されたりするので、てっきり黒胴だと思っていたんですよね。そして、生地胴っていうのはフォーマルな場には相応しくないということを聞いていたのでちょっとびっくりです。

実は僕は京都大会に出場するにあたり、生地胴にしようか、黒胴にしようかと散々悩んだのですが・・・

悩む前にF先生に聞けば良かった!!
 
 
どうでも良い話ですみません。
しかし、F先生強いですね。ボコボコ打ってやありますやん。でも審判員には認めて貰えないんですね。どうしてでしょうか・・・

わかりません。
 
そう言えば、今週末は名古屋の六・七段審査ですね。14日(土)が七段審査、15日(日)が六段審査です。

F先生も京都大会の立ち会いくらいなら七段も合格できるのではないかと思うのですが、何か足りないのでしょうか?う~~~ん、わかりません。

相手との相性があるのかもしれませんね。僕もF先生と稽古をすると、凄く打てる時と凄く打たれる時があります。お互いに波が激しいというか・・・何でしょうか。そういうのが良くないのかな~って思ってましたが、どうでしょう?

合格絵馬

何はともあれ、今週末の名古屋審査を受審される方々、頑張ってください。祝賀会の準備をしながら吉報をお待ちしております。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。