遊びを取り入れ過ぎ?今日の稽古はどうだったんだろう?

最近は密かに日本剣道形の勉強をしています。

えっ!?今更???

って突っ込まれそうですが、形は奥が深いので、知れば知るほど難しく感じますね。自分ではそこそこできているつもりなのですが、全く知らない人にそれを伝えようとすると、言葉でうまく説明できません。

ですから、今更ながら勉強しています。今更というより、本当に真剣に取り組んでいるのは初めてかもしれません。良い機会を与えて頂きました。というわけで、明日は形の稽古をするということで指導を依頼されてしまいました。1本目だけで終わりそうですが、きちんと伝えたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

 
さて、今日の稽古は遊び色がいつもよりも濃い感じの稽古となってしまいました。みんな、普段と違うことをすると時間を忘れて取り組みますよね。集中力が半端ないです。(笑)
 

SPONSORED LINK
 


 

剣道は自然の理!ボール遊びが剣道に役立つ!

今日は素振りと足さばきの後にボールを使った稽古を取り入れてみました。

まずは・・・

  • ボールを投げる

 
ボールを投げると言っても、ただ単に投げるだけでは意味がありません。正面素振りと同じ要領で投げます。振りかぶりの時に右足を前に出して、投げる時には左足を引き付けます。

腕の動きは大きく上から下に。注意する点は足の動き。それからボールを投げる瞬間は肘から投げるイメージ。これで暫くキャッチボール。やはり普段の稽古から足を出さない人はボールを投げている時でも足が遅れますね。
 
意外と難しいみたいです。オバチャンズが意外と上手というのはびっくりしますね。そして、ボールが上手に投げられるようになったら、次はそのボールを竹刀で打ちます。

イメージするのはこちらの動画。

まず、投げる方が意外と難しいですね。思ったところに投げられない。ワンバウンドで届くようなイメージをしていましたが、よく考えてみればワンバウンドでなく直接でもOKかもしれませんね。今度やってみようと思います。

しかし、こういう稽古方法は小さい子供の方が環境適応能力が優れているので、大人よりも断然上手いですよね。勉強になります。

今度の剣道体験教室でやろうと思っていたのですが、小さい子供でも意外とできそうですね。こんなところで試すなよって言われそうですが、剣道は自然の理なので、こういう遊びの動作を無理なく行うということが剣道の動作にも役立つでしょう。

きっと小さい子供たちの方が上手にできるに違いありません。
 
今日はボールを使った稽古もやったのですが、ちゃんと普通の稽古もしました。但し、時間がかなりなくなってしまったのが残念です。
 

SPONSORED LINK
 


 

警視庁の切り返しの真似をしてみた!

基本稽古では昨日に引き続き、切り返しを警視庁風にやってみました。昨日はちょっと曖昧だったので、帰宅後に再度動画を見てお勉強。

というわけで、今日は最終的にそこそこ上手くできたと思います。

但し、

これって元立ちも同じ認識で稽古をしてないとかなり難しいのでは?

という感じです。9本目を打ち終わった後にもう少し掛かり手側に詰めるべきかもしれませんし、やはり元立ち次第という印象が強いですね。

こちらに関してはもう少し研究してみたいと思います。
 
というわけで、
明日は日本剣道形の指導がんばります!!

SPONSORED LINK
 

4 件のコメント

  • 野川先生
    こんにちは。動画や記事、とても参考になります。
    こういういつもとは違ったアプローチをするのはとても大切ですね。

    コメント失礼いたします。
    先生に、面打ちの打突部位について、お尋ねしたいことがあります。

    ある先生は、「面打ちは、竹刀を『大きく上げて下ろす』だけ。面金ではなく、面布団(頭のてっぺん)を打つんだ。面金に当たるということは、打突時に腕が下がってしまって、手首のスナップが使えていない証拠だ。」とおっしゃいます。

    またある先生は「面打ちは、面金の周囲の黒い部分(面縁)をめがけて打つんだ。竹刀を上げて、下ろすと同時にグ~ッと前に腕を伸ばす。」とおっしゃいます。

    私は背が低いので、正直、前者の先生のとおりにやると、アゴが上がり、肘も開いてしまい、竹刀が左手からすっぽ抜けてしまいます。なので、あまり面打ちの打突部位にはこだわらずに、姿勢と左手と足さばきのことだけ注意して面打ちをしています。しかし、そうすると前者の先生に必ず「すべて面金に当たってしまっているし、左腕が下がってる!相手の頭のてっぺんを打たなきゃ!」と注意されてしまいます。

    面の打突部位は「面布団」なのか「面縁」なのか。どちらだと思われますか?

    • あきやま様
      コメントありがとうございます。
      遊び感覚で剣道が上達すると良いのですが、なかなかそこまでは至りませんね。

      さて、面打ちについてですが、試合審判規則には明記されていないようです。いちに会の掲示板を見ますと、身長差のある場合のことを考慮して試合審判規則から「面布団」という表記がなくなったと書かれていました。

      また、私が所属していました団体では「頭じゃなくて、面!」と教わりました。つまり、面金に近いと思います。更に、以前読んだ剣道雑誌でも範士の先生が面は面布団を打つのではないと書かれていました。竹刀がしなる為、面金を打っても最終的に面布団を捉えるということです。

      私自身、深く考えたことはありませんでしたが、「面」という名称なので「頭」ではなく「顔」が正しいのではないかと考えます。とはいえ、顔を打つのは難しいので、面金と面布団の間の縁部分でしょうか。

      ただ、その先生に逆らうことはおすすめできません。難しいですね。もし、何か参考にされた出典物があれば見せて頂きたいです。非常に曖昧ですし、意見が分かれるところではないでしょうか。

      と、ここまで書いていて思ったのですが、もしかすると、左腕が下がっているという指摘ということなので、打突時に竹刀が立ち気味なのでしょうか。だとすると、面金・面縁関係なく、打突時の姿勢の問題かもしれませんね。拝見していないので何とも言えませんが、柄革の長さを短めに調節してみては如何でしょうか?

      • お返事どうもありがとうございます!
        たしかに、「面」ですから「つら」=顔ですよね。笑
        「竹刀がしなる為、面金を打っても最終的に面布団を捉える」というのは、なるほど、と思いました。

        その先生はかなり個性的な先生として通ってらっしゃって、基本打ちにすごく厳しいんです。初段の私が、他の先生や仲間と地稽古などで小さい面などを打とうものなら、「四段までは基本だ!小さい面打ちなど練習しなくていい!」とお叱りを受けます。笑 先生のおっしゃることが全て間違っているとは思わないので、その先生に掛かっているときは助言通りにやってはいるのですが、もうすぐ二段審査や試合も控えているので、いろいろ吸収したい身としては悩ましい感じです。笑

        「打突時に竹刀が立ち気味」というのは、上半身が前につっこんでしまって、姿勢が崩れた状態ということですかね。柄革の長さは若干短めにはしてもらっているのですが。またいろいろ調整してみないと!
        左手が下がってしまうのは確かに、見直したほうが良い点なので、ちょっと気をつけて稽古してみます。

        • 私も自分の考えとは真逆のことを言われ、稽古をお願いしてもストレスが溜まるばかりということがありました。難しいですね。
          四段までは小さい面打ちを打つなと言われたら、恐らく一生打たないことになると思います。それでも良いのかもしれませんが・・・
          やはりそういう先生の前では大人しく、そういう稽古なんだと割り切って行うべきかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
    子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。