品のある稽古って何だ?


ハケンの品格っていうドラマがあったのをご存知でしょうか。つい最近のような気がしていたのですが、放送されたのは2007年。つまり既に10年以上が経過していることになります。

篠原涼子さんは同世代なので、「ごっつええ感じ」の時から応援していました。あの頃はアイドルだったんですよね。

ドラマの内容は、派遣社員の篠原涼子さんが色々な問題を次々に解決していくという痛快なドラマでした。相手役の大泉洋さんのキャラクターもあって凄く面白かったのを覚えています。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

「ハケンの品格」というドラマのタイトルでしたが、

結局『品格』って何だ?

という感じでもやもやとした状態、凄い人だという印象しか残らなかった気がしました。ちなみに、ハケンの品格はこんなドラマ。そう言えば小泉幸太郎も出てましたね。

ハケンの品格を思い出したら余計に品格というものが分からなくなってしまいました。品格って何???

SPONSORED LINK
 

品のある稽古ができるようになりましたね!

品格を辞書で調べてみると、こう書かれていました。

その人やその物に感じられる気高さや上品さ。品位。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

気高さや上品さなんですね。なるほど。と言うのも・・・

M先生
品のある稽古ができるようになりましたね!

と、昨夜の稽古で言っていただけたのです。

品のある稽古について考えていたら、どうしてもハケンの品格が邪魔して答えが見つからなくなってしまったというわけです。私の中の品格イメージはというと、

振袖より留袖!

という感じです。イメージ伝わりました?振袖が悪いというわけではありませんが、何というか、もう少し落ち着いた感じの・・・

一般的に品のある人のイメージはこんな感じだそうです。

  1. 良い姿勢
  2. 言葉遣いが美しい
  3. 字が上手
  4. 清潔感がある
  5. 落ち着いた行動ができる

剣道に置き換えてみるとどうなるでしょうか。

剣道における品格とは

剣道に置き換えて考えてみました。(一部そのままですが)

  1. 良い姿勢
  2. 凄い気迫
  3. 所作が綺麗
  4. 着装が綺麗
  5. 落ち着いた攻め・打突ができる

なかなか良い感じですね。こんな風にいつもできれば良いのですが・・・

実は私はM先生に稽古をお願いしている時以外は品のある稽古というわけではない気がします。相手によって品の無い稽古になってしまっているような・・・

常に、誰が相手であっても品のある稽古ができるようになりたいものです。

さいごに

剣道は段位が上がるごとに風格が必要という話はよく耳にしますが、風格と同時に品格も必要になのかもしれません。もしくは、風格と品格は非常ににているのかもしれません。

そんなことを考えながら、今日は小学生と一緒に基本からやり直しだ~!!
品のある稽古してきます!!

SPONSORED LINK
 

2 件のコメント

  • ハケンの品格、大好きでした!
    メールアドレスが大前はるこさんからとってます^^;
    スーパー派遣社員、大前はるこさんは時給3000円超だそうですが年収にするとせいぜい700万くらい。
    サラリーマンくらいしか稼げないんだな〜と思ったの覚えてます。大前はるこさんは残業しないし、海外で自由に暮らす期間もあるみたいだし、決して裕福な暮らしではなさそうです。
    変なトコに食いついてしまいました!スミマセン(>人<;)

    • ハケンの品格面白かったですよね。時代を反映しているというか。
      今の時代なら年収700万円って結構凄くないですか?あれだけのスキルがあればもっと稼げそうですけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
    子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。