意外と難しいよ!胴の乳革交換!・・・稽古144回目

娘が使用している胴の乳革が1本切れたと言うので、昨夜武道具店に買いに走りました。そして、先程交換したのですが・・・

乳革交換完了

意外と難しいですね。

何が難しいかって言うと、穴に入らないんですよね。もう少し大きな穴でもいいんじゃないですか?って感じですよ。穴に入れるだけで15分は掛かりましたね。いや、もっと掛かったかも・・・

こんな作業を稽古前にしようかと思っていたのですが、やめておいて正解でしたね。稽古できなくなるところでしたよ。乳革交換の様子については、メインブログの方に詳しく書いてみましたので良かったら読んでみてください。
胴の横乳革の交換方法!意外と難しいポイントはここ!

というわけで、今日は中学生2人、小学生3人と一緒に稽古しました。殆ど基本稽古だけですが、基本稽古って時間掛かりますよね。全然時間が足りません。

今日の稽古は・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

相手を引き出す応じ技

前回の記事にも書きましたが、やはり相手を引き出すことができるようになると試合運びも断然有利ですよね。小中学生の試合でも、ただ単にカンを頼りに打っているだけでは効率が悪いです。

というわけで、こちらの動画を参考に応じ技の稽古してみました。

結論から言うと・・・

僕は全然できませんでした。(笑)
でも、中学生の二人は結構イイ感じでスッと入ってたように思えました。

あとは、実戦で同じことができるか否かというところでしょうか。

しかし、僕の場合逆ですね。実戦では意外とできるのに、約束稽古だと全然できないんですよね。これ、ちゃんとできたらもっと上手になるんですかね。

頑張ってみよ。
 
他には、今日は補助棒を使った稽古を多めにやってみました。
 

補助棒は万能?

参考DVDによると、補助棒で試合形式の稽古までされているということでしたが、まだそこまでは到達できそうにありません。

しかし、今日は今まで補助棒を使ってやったことのない技にも挑戦してみました。やってみたのは、

  • 引き技
  • 面抜き胴
  • 相小手面
  • 切り返し

 
ですね。引き技は意外と打てるもんです。しかも、短いから簡単。引き胴に関してはちょっと届きにくいかもしれません。あと、切り返しもやってみると面白いです。

補助棒を使っての稽古を取り入れてますが、少しずつ打ち方が良くなってきたように思えます。力の抜けた素早い振りが出来てきたような、できてないような・・・

でも、剣道って上達してもなかなかわからないものだと思いますし、長い目で見ていきたいです。
 
後半は2人対1人で軽く地稽古・・・地稽古って言えるのかな?打ち合い?(笑)
僕は結構サンドバッグ状態になってました。
二人を相手しないといけないので、思ったより体力を消耗しますね。かなりしんどかったです。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。