彦根城南剣道部40周年記念大会・・・稽古156、157回目


週末の出来事です。

  • 156回目の稽古・・・土曜日の少年団
  • 彦根城南剣道部40周年記念大会
  • 157回目の稽古・・・日曜日の支部稽古会

 
土曜日の少年団、息子のイヤイヤ病が発病・・・

息子
長子悪い!稽古行かん!!
明日の試合も出ん!

とりあえず、嫁さんに任せて娘と二人で格技場に向かいました。少し遅れて息子も到着。面を着けたらケロっとしてるし。何なんでしょうか?

4年生ってこんなもんですか?イヤなら辞めたらいいのにって思うんですけどね。子育ては難しいです。僕自身は手首が痛かったので最後の地稽古と掛かり稽古の元立ちだけ参加しました。
 
というわけで、日曜日は彦根城南剣道部の40周年記念大会に参加させて頂きました。
 

SPONSORED LINK
 


 

彦根城南剣道部の40周年記念大会

どのくらいの規模なのかさっぱりわからず、どういう試合形式なのかも全く把握していない状況で参加させて頂いたのですが・・・

凄かった!!

一つの団体がこれだけの規模の大会を開催するって凄いパワーですよね。市民大会の切り盛りでヘロヘロになっていた自分が恥ずかしいです。

開会式

審判登録はしていなかったのですが、何故か名札がありました。(笑)玄関に入ったらO本さんに呼び止められ、何故か受け付け・・・

えっ!?
僕、審判なんですか?

O本さん
どっちでも!

という感じで、審判させて頂くことに。

先日のスポ少の練習会の時に代表のK米先生から、一応審判のできる服装で来てほしいと言われていたのですが、本当に審判をすることになるとは思いませんでした。でも、日頃お世話になっているので、喜んで審判員をさせて頂きました。
 
試合に参加したのは小学生の部。残念ながら中学生の部は学校行事と重なり参加できず。
 

予選リーグで惜敗、決勝トーナメントでも惜敗

私は審判をしていたので3試合しか見られませんでした。その内1試合は審判員として見ていましたが、やっぱり自分のチームの審判員って難しいですね。辞退するべきだったようにも思いますが、審判会議では「副審はOK」ということになっていたので、そのまま審判に入りました。

試合の結果としては、予選リーグは4チームでのリーグ戦でした。準優勝の彦根城南剣道部Aチームに惜敗、その他のチームには勝ったようです。

そして、予選リーグの順位を元に決勝トーナメントが決まるというシステム。なんと、決勝トーナメントの1回戦はいつもお世話になっているFj野先生率いるチーム!K子先生のアンパンマン団扇が気になります。

1回戦、前3人で勝敗を決め、2回戦へ駒を進めます。

そして2回戦で優勝したチームに2-3で惜敗。先鋒の息子が勝ったことにびっくりでした。前日に「試合出たくない!」と言っていた子だとは思えないくらいハッスルしてましたね。(写真は予選リーグ)

城南40周年

結果として、5試合して負けたのは優勝したチームと準優勝のチームだけだったんですね。ということは・・・3位?なんてことはありませんが、子供達は確実に力を付けてきているのが良くわかりました。

ちなみに、息子は3勝2引き分けということで、負け無しを猛烈アピールしていますが、前日のことがあるので全く評価に値せず。(笑)

見ていた先生方がしきりに褒めて下さるのですが・・・
残念。

 
審判員としても、難しい場面(特に反則)は多々ありましたが、何とか終えることができて安堵の気持ちでいっぱいです。迷った場面もいくつかありましたが、帰ってからビデオを見たら、大丈夫でした。多分。
 
さて、良い試合を見た後は、やっぱり稽古がしたくなりますよね。
 

支部稽古会は大人ばっかり!

帰宅後、色々ありましたが、何とか夜の支部稽古会には参加できました。流石に小中学生の参加はゼロ。お疲れなのでしょう。

支部稽古会

なんだかんだで少し遅刻したのですが、防具を着けようとすると、胴紐が切れそうになっていることに気が付きます。切れそうだけど、今日くらいは大丈夫だろうというレベルです。

しかし・・・

乳革を通した時点で

ブチッ!!

といってしまいました。ただ通しただけ。引っ張ってもなかったのですが・・・

中学校の武道場なので、すぐそこに娘の防具が置いてあることはわかっているのですが、残念ながら出っ張ったお腹は娘の小さな胴には収まりそうにありません。仕方なく違う胴を取りに帰りました。

丁度基本稽古が終わった頃に面を着けられてセーフ!!

地稽古は4人の方にお願いすることができました。そこそこ動けたような気がします。やっぱり中学生のようにキビキビした動きはできませんけどね~~~。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。