人間が得ている情報の約8割は視覚情報

最近、色んなニュースが気になって仕方がない管理人です。こんにちは。特に気になるのは日韓の問題ですね。日本人と韓国人は全然感覚が違うんだなぁ~と、思い知らされます。

そして、その流れで先日気になる書籍を購入して少しずつ読んでいます。それがこちらの『新聞という病』

実に面白いです。我々がどれだけマスコミに騙されてきたのかということを考える切っ掛けになりました。今流れているテレビのニュースも色々な角度から視ることで、物事の本質がわかってくるかもしれません。

物事を色んな視点で見るということは非常に難しいと思いますが、本当に大切ですね。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

さて、昨日は地元で小学生の大会が開催されました。私も前日準備と当日の審判員として参加してきたのですが、その中でちょっと思ったことを覚え書き程度に残しておこうと思います。

SPONSORED LINK
 

低学年に凄い子がいた!!

実は、うちの息子がこんなことを言っていました。

息子
〇▽君は強い!試合したらオレ、負けるかも!

いやいやいや、それはちょっと大袈裟やろ。
低学年やで!!

そして、昨日たまたま〇▽君の試合を見たのですが・・・

息子が負けるとまでは思いませんでしたが、確かに他の子とは動きが違いました。そして、上の学年の子に勝つ現場も目撃。

恐らく、以前〇▽君と稽古をしたことがあると思ったのですが、その時はそれ程凄いという印象は受けなかったような・・・違う子だったのかな?

そんな話をしていると・・・

〇▽君って、ずっとYouTubeで高校生の試合を見てるらしいよ。

妻がどこかで聞いてきたようでした。

なるほど。

五感による知覚の割合として約8割の情報は視覚情報から得ている

と言われています。やはり強い選手の映像を見るというのは良いことなのですね。恐らく、〇▽君のイメージはインターハイレベルの足さばき、竹刀さばきなのでしょう。凄いです。

SPONSORED LINK
 

よしっ!見取り稽古をしよう!

実は、土曜日には先週に引き続き出稽古させて頂きました。

良く考えたら、出稽古っていうか、本拠地が無いので出稽古でも無いのかもしれませんが・・・

で、先週に引き続きM田先輩に稽古をお願いできたのですが・・・

M田先輩
もっと爆発的なのが無いと、審査は難しいね。
上手いんやで。上手いんやけどなぁ。

という厳しいお言葉。はい、自覚しております。自覚しているのですが、できないのです。どうすれば良いのかわからないのです。

実は以前から悩んでいました。以前にも書いたことがありますが、抑揚が無いのです。例えばドラマや映画を見ていて、ストーリーに引き付けられ、最後にドカン!!というやつがね。

どうすれば良いのかわからなくて悶々としていたわけです。そんな時に〇▽君の話を聞いたので

そうか!強い人の映像を見れば何かわかるかも。YouTubeで見取り稽古だ!!

と考えています。まだ実行には移せていませんが、きっと今までと違った視点から見ることで何かがわかるような気がします。(希望的観測)何かわかったらまた報告したいと思います!というか、良い方法があれば教えてください。

さいごに

物事を見る時には一方向から見てもわからないことというのがあります。その人の視点に立って見るというのが大事だと思います。しかし、剣道って一瞬で決まってしまうのでよくわかりませんよね。(笑)

スロー再生で見て現象を理解することはできるかもしれませんが、声や心理というのは難しい気がします。

新聞やテレビのニュースは記者というフィルターを通して見せられています。記者の主観の部分を見ているわけです。でも、そうではなく事実だけを見るべきなのではないでしょうか。

剣道の動画はマスコミのように歪曲されるということはありませんが、自分の中で勝手な思い込みで歪曲報道されないように気を付けなければなりません。

ところで、昨日の大会を見て、剣道をしている子供が激減しているということを痛感しました。そして、一番びっくりしたのが、女子の団体戦が開催できない状態になっているということでした。

今まで受け継いできた立派な優勝カップは前回の優勝チームがずっと持ったままってことなのでしょうか?いつかまた返還できる日が来ると良いですが・・・もしかして返還したのかな?

剣道についてはもっとテレビで取り上げて楽しく格好良く報道して頂きたいですね。「剣道は韓国が起源だ!」なんてとんでもない報道は無しにして・・・

SPONSORED LINK