昇段審査の応援で稽古、稽古、そして帰ってからも稽古・・・

今日は県の昇段審査でした。娘が二段を受けるということで、応援に行ってきました。応援なのですが、暇なのでアップにお付き合い。そして、ずっと座って見てるのも暇なので、五段を受ける方達のアップにお付き合いして2度目の稽古。

朝から二度も面を着けて稽古したので、夜の稽古は休もうと思っていたのですが、

息子
お父さんが稽古に行くならオレも行く!!

と、嬉しいことを言ってくれたので、息子のお付き合いで夜の稽古にも参加。一日に三回も面をつけることになってしまいました。
 
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

 
というわけで、昇段審査の方の報告を・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

娘は二段に無事合格!!

ご指導頂いた皆さんのお陰で
娘は無事に二段に合格することができました。
ありがとうございました。

実技審査が終わった後、本人は全然自信がない感じでしたが、客観的に見れば及第点だと思いました。他の先生も『良かった』って言ってくださいましたし、心配していなかったのですが、合格できて一安心です。

うちの娘は合格できましたが、実は二段でも結構不合格の人が多くてびっくりしました。技術的にできていないということは仕方がないことですね。そこを埋めるのは、厳しいようですが稽古を積むしか方法は無いと思います。

さて、審査前のアップで五段受審者の方々と稽古をさせて頂きました。強い方ばかりだったのですが、五段の審査は厳しく、合格率約15%と言ったところ。まぁ、母体数が少ないので合格率はあんまり参考にはなりませんが。

その中で、勝手に追っかけしているM上先生の審査を見て思ったことを書こうかと・・・
 

SPONSORED LINK
 


 

自分勝手では駄目なんだと思いました

M上先生は丁度1年前にも撮影していたので、まずは1年前の動画をご覧ください。こちらのページの523の方です。

そして、今日の立ち合いがこちら。516がM上先生です。

1年前と比べると随分良くなったと思いますよね。特に2回目の立ち合いについては、かなり良かったのではないかと思います。しかしながら、結果は不合格

では、何故不合格になったのか、合格するにはどうすれば良いのかということを私なりに考えてみました。気になったのは次の3つです。
 

  • 有効打突として認められない
  • 自分勝手である
  • 単調な部分が多い

 
では、もうちょっと詳しく見ていきましょう。
 

剣道は有効打突を取る競技だ!

現代剣道というのは、有効打突を取る競技ですよね。ですから、打つからには有効打突になるような打突をする必要があるのは当然。

M上先生と一緒に、お昼の休憩の時に一緒にビデオを見てみたのですが、

M上先生
打ちがショボい!

と、言っておられました。自分でも良く分かっておられることでしょう。打ちがショボいんです。(笑)

何故ショボい打ちなのか、その辺りを研究されてみては如何でしょうか?
 

自分勝手では駄目~~~!!

剣道は相手があることなので、自分勝手では駄目ですね。和というか、相手との駆け引きというか、そういう部分が必要だと思うわけです。

簡単に言うと、自分勝手というのは、

攻めが効いていないのに勝手に打っている

ということですね。「攻め」→「ため」→「打突」というのができていないのです。

焦って打ちに出てしまうというのも良くわかるのですが、相手が反応するまで我慢できないという部分が非常に惜しいところですね。と、言っても私自身がなかなかできないんですけど。(笑)
 

単調でも良いと思いますが、より良くするには・・・

立ち合い動画を見ると、単調な部分が多いことに気付くでしょう。

特に動画の二人目の立ち合いが分かり易いかと思います。後半部分でお互いに面を打ち続ける・・・みたいなところがありました。客観的にみると、凄く単調です。しかし、私は単調だからダメだとは思っていないのです。単調でも有効打突であれば良いと考えているからです。

但し、矛盾するようですが、立ち合いをより良くするには、もっと色々な技を使った方が良いかもしれませんね。明らかに相手が面を打ってくるというのがわかる時には、心に余裕をもって色々なパターンの応じ技をするとより良くなると思います。単純に、その方が見ている側が面白いからです。(笑)

これは、先程の「自分勝手」とも関係すると思います。自分の攻めが効いていれば、単調にはなり難いと思いますし、単調であっても面白いと思います。
 

まとめ

M上先生応援団としては、

  • 打ったら有効打突となるように心掛ける
  • 自分勝手に打たない

ということに尽きるのではないでしょうか。

以上です。

SPONSORED LINK
 

2 件のコメント

  • お初にお目にかかります。
    埼玉で剣道をしている26歳(五段)です。
    昇段審査の記事を拝見し、参考になればと思い、コメントをさせていただきました。

    …審査、難しいですよね~(焦
    私は運良く、いままで一発で合格させていただきましたが、手応えがあったのは五段審査のみでした
    今まで、後輩や先輩、同期の審査を観て、自分自身で受審し、感じたことを挙げさせていただきますと、、、
    三段までは
    ①着装が適切か
    (当たり前のことですが、意外とできていないです)
    ②自分から攻め、有効打突を打突できるか
    (攻めて、崩して、打つ!攻めて、溜めて、打つ!
    いわゆる仕掛け技が段位に見合ったレベルに達しているか)
    ③剣の理法に習熟しているか
    (ようは剣道形や学科ですね)
    を観られているのだと思います。
    特に、出鼻技&連続技ですね。
    形さえ崩れなければどのような技を出しても良いと思います。
    そして、四段にはこれにプラスし
    ○打突の好機を捉えることが出来るか
    ○打突の好機を生み出すことが出来るか
    により重点を置かれる気がします。
    つまり、今までの仕掛け技に追加し、ある程度返し技にも習熟しておかなければならないのではないかと…
    そして、
    ○攻めの圧力
    についても求められるのではないかと思います。
    相手が嫌がっているのか、それとも、自分の方が不利なのか…
    そして、五段では、
    ○攻めて、相手の反応に対し効果的に技を繰り出すことが出来るか
    ○縁を切らない、集中した立ち会いであるか
    が求められていたのではないかと…
    剣道が対人の武道である以上、
    自分から攻める➡相手は居着く➡仕掛けて面もしくは小手面
    自分から攻める➡相手も攻め返してくる➡出鼻技
    自分から攻める➡相手も攻め返し、打突してくる➡返し技、擦上技
    といった風ですかね(´・ω・`)
    自分から攻めることが前提ですが、その時々の相手の反応によって、変化できる(筆者様がおっしゃったように、単調に出鼻技だけではダメ)ということが大切なのではないかと。
    この点に関しては審査委員長をされていた八段の方も言っておられました(゜゜;)
    そして、縁を切らないことですが、
    残心のさいに相手と間合いが離れすぎる場面が多く見られました。
    一打三足という言葉にもある通り、離れすぎては緊張感がなく、また、お互いに気持ちが切れてしまうため、
    打突➡残心➡仕切り直して構える
    ことにより、お互いのプレッシャーが五分の状態にしかなりません。
    なので、残心をとりつつも、距離を離さず、先に詰められるようにすれば、相手も嫌がり、プレッシャーが6対4、もしくは7対3にまで変化し、より相手の動きを見極めやすくなると思います。
    古くから流水と表現されている、攻めの間を作らず常にプレッシャーを掛け続け、自分の思い通りに攻撃を組み立てる型、教えのことですね
    (私が常々追い求めているところです笑)
    乱文ですが参考にしていただければと思います。
    私も三年後の六段審査一発合格を目指し、精進しますので、お互いに頑張りましょう(・ω・)ノ
    失礼しました。

    • 求道を止めぬ凡人様
      とても解り易い解説をして頂き、ありがとうございます。
      自分の頭の中でぼんやりと理解できているつもりでも、こうやって文字にするのは非常に難しいと感じております。その点、求道を止めぬ凡人様の言葉はとても解り易く、的確に表現できていると思い、とても勉強になりました。
      『一打三足』という言葉については初めて聞きました。勉強不足を痛感しております。一打三足なんですね。調子に乗って4歩も5歩も行ってはいけないんですね。(笑)

      ここまでのことが実現できれば、六段と言わず、七段も一発合格が可能ではないかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください