穴があったら入りたい!いや、もう、ホントに・・・

昨日は県で開催される大会に出場してきました。

イシダ杯!!

どうやら今年からイシダ杯になったみたいです。株式会社イシダさんがスポンサーになってくださっているようですが、我々のような一般人がイシダさんに貢献できることはなかなか見つからないので・・・

せめてリンクを張っておきたいと思います。

はかりしれない技術を創造する会社だったのですね。ちょっと洒落てますよ。秤なのに測れないなんて・・・

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

いや~、しかし本当に昨日は疲れました。何もしてないのに疲れた感じです。負けて、落ち込んで昼にコンビニ弁当を食べようと思ったら割り箸の中に入っていた爪楊枝で刺してしまいましてね、流血ですよ。

いつも注意書きを見ては、

いやいやいや、爪楊枝で刺して怪我するヤツなんておらんやろ!!

って思っていたのですが・・・

泣きっ面に蜂というやつですかね。更にどっと疲れが・・・

いや、本当にね、試合は秒殺ですよ。秒殺。全日本の決勝戦で内村選手が42秒で負けたのを見てびっくりしていましたが、恐らくそれよりも試合時間は短かったと思います。

穴があったら入りたいですが、一応気になる方がおられると思うので(読者の1割くらいと予想)反省を含めて振り返ってみたいと思います。

SPONSORED LINK
 

反省!!

ところで、警察剣道大会って凄くレベルが高いですよね。そして、綺麗な剣道で格好良くて憧れますよね。例えばこちら。平成27年の全国警察大会の準々決勝の動画です。

おっ!滋賀県警の豊富選手って凄いやん!!

なんて思いながらYouTubeを見ていた自分が懐かしいです。まさか、この人と試合する時が来るなんて・・・

でも、数秒だけなんですけどね。(笑)

私はBチームの大将として出場させて頂いたのですが、相手チームの大将が豊富選手でした。初太刀、スッと攻めた(つもり)ところ、私の中の第六感が面を打ってくる気配をキャッチしました!!

よしっ!出小手だ!!

と、潜在意識の中で思ったのでしょう。体が勝手に小手を打ちに行ったところ、相手選手の手元はなかなか上がらず。ギリギリのところで竹刀が上がりました。つまり、基本技稽古法で言うところの『小手擦り上げ面(表)』というやつですね。

正に基本通りの打突!!!!

余りにも見事な打突で、呆気に取られてしまいました。そして、二本目。相手の打突を2回くらい受けたでしょうか・・・

この選手、面しか打って来ないのでは???
よしっ!!それなら面返し胴だ!!(出小手は失敗したし)

と思って、面を返そうとした瞬間・・・

コテッ!!

見事な小手を打たれてしまいました。いやいや、そこって普通打ち難いやん。面避けてる竹刀の下から小手って。しかも、速過ぎて全然見えなかったし・・・

ということで、結果的にチームは5-0で負けてしまったのですが、大将戦が一番酷かった。他の選手は負けたとしてもそれぞれ良い打ちもあったし、頑張ってたんですよ。本当に申し訳ないです。

第66回滋賀県剣道優勝大会

第66回滋賀県剣道優勝大会

そんなわけで、すぐにでも帰りたかったのですが、男子のAチームも女子のAチームも勝ち残っていたので応援することにしました。こんな私の応援なんて、縁起が悪くて要らないと思うんですけどね・・・

SPONSORED LINK
 

男女共にAチーム大健闘!!

私の不甲斐無さとは裏腹に、男女共にAチームは大健闘でした。女子は3位入賞。準決勝は本当に惜しかったですね。凄いです。男子Aチームもベスト8と大健闘。しかも、準々決勝は優勝チームとの対戦でかなり惜しい展開だったと思います。

スコア的には大敗という印象なのですが、それぞれの試合は本当に惜しくて、感動しました。しかも、相手チームの中堅・副将・大将は全日本選手権出場経験者。今年と去年とその前みたいな。3人も???って感じですよね。

チームは負けましたが、いつも一緒に稽古している仲間達の頑張りに感動。そして、尊敬です。

いや~~、あんたら強いよ!!凄いよ!!
僕はもう、一生君達について行くよ!!

って感じですね。

ちなみに、Aチームの次鋒・中堅の選手とは土曜日の稽古で一本勝負して勝ったんですよ。信じて貰えないかもしれませんが。しかも、先鋒の選手にも時々勝ったりするんですよ。息子は絶対に信じてくれませんが。それなのに・・・

速度差が凄い!!

速度差が凄い!!

もしかして、竹刀のスピードが遅すぎて合わないとか。あぁ~、絶対にそれですね。もう、新幹線とジョギングくらいの速度差なんでね、そりゃ合いませんよね。そう言えば、Aチームの2回戦はちょっと年配の先生方が相手だったからか、結構苦戦してました。

若人達はスピードの遅いおじさんが苦手なのかも。

もしくは、相手が強いと燃えるタイプなのか・・・
それもあるかも。小学生の試合を見ていてもそう感じる時ってありますよね。相手が上手な方が上手く打てたり。つまり、単純にやりにくい存在ってことですね。納得です。

これからも、苦手を克服して貰うべく、Aチームの方々に稽古をお願いしようと思います。本当はもう剣道をしてるって言うのが恥ずかしいくらいのレベルなんですけどね、もうちょっと道場の端っこの方で細々と稽古させて貰います。

負けた時こそ稽古だ!!

ということで、昨夜は支部の稽古。実は鍵を預かっていたので強制参加。でも、試合で負けた時こそ稽古ですよね。私を含む男子Bチームの中堅・副将・大将は半ば強制参加みたいな感じで来てました。(笑)

昨夜の稽古は高校生が沢山参加してくれたのですが、場所が狭くて十分な稽古ができなかったかもしれません。人数の多い時は短時間の回り稽古みたいな感じにした方が良いのでしょうか。これに懲りずにまた参加して頂きたいです。

道場の端っこで稽古していたつもりが、いつの間にか真ん中に行っていた管理人でした。ナンデ???

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。