今年100回目の稽古


今日は内輪で稽古。
小中学生とこじんまり、記念すべき今年100回目の稽古となりました。

今年の目標は年間200回の稽古ですが、今のところ何とか半年で100回稽古することができました。

グッド

今日のメインは引き技・・・のつもりだったのですが、

2対1の試合しよ!

なんて言われたので、後半に2対1で短時間の稽古してみました。
 

SPONSORED LINK
 


 

2対1の稽古は思ったより難しい

一人に対して二人が掛かるという稽古方法です。
良くわからないですかね。

こんな感じをイメージして頂ければよいかと思います。

上の動画は3対1で、しかも誰が打っても良いというルールですが、今日やったのは少しだけ違います。二人の方は先に打つ人と後に打つ人を決めてやりました。実はこれはオリジナルではなくて、高倉先生の本に掲載されてたんですけどね。

それと、もう一つ。一人の方の視界の中に必ず二人が入っているというルールですね。これが意外と難しい。結局ぐだぐだになってしまいました。(笑)

実は初めてやってみたのですが、かなりしんどいですね。この稽古の目的は集中力を途切れさせないということです。自分が打った後、または相手が打ってきた後にもう一人が打ってくるので気が抜けません。常に緊張状態です。

というわけで、1回の稽古時間に関しては本当に短時間で終了。計っていないのではっきりしたことはわかりませんが、体感的には30秒くらいでしょうか。ちょっとは稽古になったかな。

そんな感じの100回目の稽古でした。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。