良いとこ無し!昇段審査受審者講習会にて・・・

今日は二部錬頑張りました。午後から剣道連盟主催の六段・七段・八段受審謝講習会に参加したのですが、早く帰宅できたので夜の稽古にも参加。講習会では良いとこ無しでしたねぇ。というか、完全に私が駄目なんですけど・・・

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

何が駄目って、準備不足ってやつです。

準備とは、言い訳を排除すること
by イチロー

ってイチロー選手も言ってますよね。今日は沢山言い訳してみたいと思います。

SPONSORED LINK
 

講習会の会場がわからない!辿り着けない!

実は、遅刻しました。厳密には遅刻はしてないかもしれないのですが、開講式を私の準備待ちで遅らせて頂きました。5分以内だとは思いますが・・・

間に合ってたんですよ。完全に間に合ってたはずなんですよ。30分前に会場の体育館の前を通ってるんですよね。っていうか、通り過ぎちゃったんですけど・・・

カーナビに設定して、ナビの言う通りの進んだわけです。すると・・・

カーナビ
目的地に近付きました。音声案内を終了します!

って言うのですが、それらしい建物が見当たりませんでした。車を停める場所もなかったので、そのまましばらく直進。そして、信号で止まった時にグーグルマップで検索してみたところ・・・
通り過ぎてるやんっ!!

ってなったわけです。しかし、Uターンもできない状況。仕方が無く、一旦左折することに。そしてUターンしようと思ったら、何だか違和感を感じました。そうです、その道は一方通行だったのです。仕方なく、再度カーナビを設定して前進。すると、迂回路を示してくれました。次の交差点を左折しろと。

左折したのですが、これまた失敗!どうやら左折しなければならない交差点は、実際に左折した交差点の一つ向こうだったのです。気付いた時には既に遅く、細い路地の行き止まり。細い路地なのでUターンも大変です。

私は民家の塀にぶつかりそうになりながらもギリギリの状態でUターンに成功し、半ば冷や汗をかきながら元の場所まで戻ります。すると、カーナビが違う迂回路を示すではないですか。どうやらその道の方が早く戻れそうな感じだったので、素直に従うことにしました。

そして、目的地周辺まで戻ったのですが・・・

左折しろっていうけど、体育館どこよ?

ということで次の信号を左折したところ、体育館らしき建物を発見!そちらの方へ向かおうとすると・・・
いやいや、違うやん!
これ、マンションの駐車場やん!!

仕方が無くUターン。元の場所まで戻ると、今度は何とか入口を発見することができました。そして、入ってみると、そこは体育館ではなく図書館だったのです。(笑)

実は、図書館の更に奥に体育館がありました。

こんなとこ、絶対にわからんわ!!

という場所だった(屋根の高さも周りの建物の方が高い)のですが、何とか辿り着くことができました。しかし、実質30分近く彷徨ったのでありました・・・

参加者の皆様
先生方
本当にごめんなさい。

SPONSORED LINK
 

軽く基本稽古の後の立ち会い

開講式の後に、体操、素振り、そして面を着けての基本稽古でした。体が少し温まったということで、いよいよ立ち会いです。

何故かトップバッター!!

何で???
六段受審者からじゃないの?

しかも、立ち会いの相手は二人とも30代です。しかも、一人は女性でよく県の代表で出場している方でした。もしかして、これは遅刻したからなのでしょうか。私より若そうな受審者も居られたと思うのですが・・・

立ち会いは予想以上に全然ダメでした。自分でも何がしたいのかさっぱりわからない状態。八段の先生方からは

  • 攻めがない
  • 打突が軽い

という厳しい評価。褒められもせず、苦にもされず、そういうものに私はなりたい・・・というわけではありません。褒められたいんです。(笑)

実は、立ち会い係の先生方(七段)には褒めて頂けました。でも、実際に審査されるのは八段の先生方なんですよね。次回の講習会では八段の先生方に認められるようになりたいです。

まとめ

打突が軽いという指摘がありましたが、自覚症状ありです。どうも打突の瞬間に左手が上がるような気がするので、もっと素振りをしなければいけないと思ったところでした。

コツコツ頑張るしかないなぁ~

と、思っていたところにK先生からアドバイスを頂きました。

K先生
相手の勢いを利用するという手もありますよ。

そういう考え方もあるんですね。色々試してみたいです。

今回の立ち会いでは遅刻したことで心に余裕が無くなってしまったこともありました。やはり準備っていうのは大切だと思います。ちょっとしたことで本来の力が発揮できないってこともありますよね。

私の場合は本来の力も全然無いのですが・・・

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。