いつの間にか面接、そしていつの間にか合格・・・【稽古#11,12】


昨日はコソ練、そして今日はシニア稽古会に参加してきました。シニア稽古会のモットーはどうやら、楽しむことのようです。厳しい中にも笑顔の絶えない稽古会、それがシニア稽古会。まるでマザー・テレサのようですね。

いつもお互いに笑顔で会うことにしましょう。
笑顔は愛の始まりですから。
(マザー・テレサ)

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

最近、土曜日のシニア稽古会への参加率が凄く高くなってきて、メンバーに入っていると思われているかもしれません。今日初めて知ったのですが、私は合格だったようです。

何のことかよくわかりませんよね。いつの間にか合格していたんですよ。

SPONSORED LINK
 

基本的に55歳以上のみ参加が許された稽古会だった!?

初めて参加した時にも言われたことがあったのを思い出したのですが、シニア稽古会の参加資格は55歳以上だそうです。本当か嘘かわかりませんが、元々は月曜日の午前中にまったり稽古をされていました。それが、要望を受けて土曜日にも人が集まれば稽古するということになったようです。

月曜日の午前中から稽古だなんて、定年組だからなせる技ですよね。サラリーマンの憂鬱な月曜日の朝にリフレッシュされているわけです。羨ましい限りです。

そんな稽古会には密かに面接があったそうなんですよ。

師匠
55歳未満は面接があるんや。野川君は優しいから合格やわ!

ということでした。知らない間に面接が行われ、知らない間に合格してしまってました。(笑)

どうしてそんな話題になったかと言うと、今日はM田さんという僕よりも若い人が参加されることになったからです。もちろん面接は合格だったようです。しかし、不合格の場合は『不合格』って通達があるのでしょうか。まぁ、不合格になるような人は来ないと思いますけど。

シニアに学ぶ

実は、今日の参加者は私よりも段位が下の方ばかりでした。しかし、我以外皆師という言葉があるように、本当に色々な気付きがあります。

地稽古では、

打ったり、打たれたり、打たれたり、打たれたり・・・

という感じではありましたが、

おぉ~~、こうやって打つのか~!

と、学んだことはすぐに実践。秘技オウム返しです。自分の得意なところは自分の弱点だったりもするようで、意外と決まるものです。

そして、攻めと溜め、我慢、我慢、我慢・・・デキナ~~イという感じで、どうしても我慢できずに打ってしまうこと多数。まだまだ理想の立ち合いには程遠い稽古内容でした。難しいですね。

簡単にできないからこそ楽しむことができるのだと思いますが・・・
やっぱりできるようになりたいです!!
 

よかったらメルマガ登録してください。
↓ ↓ ↓

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。