3%UPしました!(当社比)


今の若い人にとっては消費税というものは当たり前のものでしょう。生まれた時からあるので、普通に生きている中では何の疑問も持たないのではないかと考えます。小学校の社会で習っても、「へ~~、そうなんだぁ~」くらいの感覚に違いありません。

消費税が導入されたのは1988年(昭和63年)のことでした。えっと・・・まだ僕が青春時代を謳歌している頃のことですね。当時は商品の価格に対して3%の消費税が課せられるということになりました。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

消費税が導入されることが決まった頃、1円玉貯金というのが一部で流行っていました。どうやら、1円玉が世の中から消えれば消費税も導入できないだろうという安易な考えのようです。

僕の周りにも取り組んでる人がいましたが・・・

政治に疎い若者でも、そんなことが全くの無意味だということはわかってましたよ。でも、ちょっと反抗したかったというのも痛い程わかりました。そして、庶民にはどうすることもできないということも・・・

恐らく消費税の導入に関しては何年も何年も議論され、そしてようやく導入されることになったのだと推察します。それが良い判断かどうかはわかりませんが、無かった制度を作るというのは大変なことだったに違いありません。

さて、昨夜はおっさん3人(Yさん、H君)でコソ錬してきましたが、どうやら僕の面打ちもいつの間にか3%程UPしたような気がしています。

SPONSORED LINK
 

面打ちが当たる!

そう言えば最近、苦手だった人との稽古でも面打ちがかなり当たるようになってきた気がします。まぁ、稽古と言ってもいつも同じメンバーとしかやっていないので、凄くスピード差のある相手に勝てるというわけではありませんが。

しかし、昨日の稽古相手は二人とも今までならほとんど面が当たらなかった相手なのです。相面なんかで勝てる気が全くしなかった相手。

何が変わったのかはわかりません。考えられることは、次の4つくらいでしょう。

  1. 打突の軌道が良くなった
  2. 振りが速くなった
  3. 相手の方の面打ちが遅くなった
  4. 体重移動が素早くできるようになった

上記の中では、相手の方の面打ちが遅くなったというのは非常に考えにくい。特に僕より年配のYさんは以前より明らかに面打ちが良くなっています。逆に綺麗になったから当たるようになったとか?いや、そんなことは無い気がします。

でも、本当に何が原因かわからないんですよね。

強いて言うなら、ずっと素振りを続けているということくらい。素振りを続けていることで無駄な動きが無くなってきたのかもしれませんが、確証が持てません。

素振りを続けていることで、体重移動が速やかにできるようになったということも考えられます。そう言えば、多少出遅れても僕の面の方が当たることもあるので、体捌きという面でも無駄な動きが無くなってきたのかも。

消費税はどんどんアップする!

昭和63年までは消費税なんてものは存在しなかったのですが、3%の消費税を支払う義務となり、それが5%、8%を経て今や10%ですよ。

10%ってかなり大きいですよね。1,000万円の買い物をしたら100万円の消費税。これは痛い・・・そんな大きな買い物をする予定はありませんが。(笑)

一旦導入された消費税は無くなることは無いでしょう。そして、10%にまで上がった税率も下がることは無いと考えるのが妥当。

僕の面打ちの確率も少し上がったので、このまま10%まで上がり、今後は下がることのないように・・・更なる努力をしたいものです。

しかし、実は最近は小手打ちが下手くそになってきたので、とりあえずそちらを重点的に取り組まなければ・・・庸玄先生の動画を見て研究します。

剣道について共に考えるメルマガ!!
↓ ↓ ↓

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。