無くて七癖


今日から長浜曳山まつりだそうです。長浜曳山まつりはユネスコ無形文化遺産に登録されたそうですが・・・そもそもユネスコ無形文化遺産って何ですか?

調べてみると、ユネスコは国際平和を目的としているとか。剣道と同じじゃないですか。

そして、僕は長浜市民として・・・

一度も曳山まつりを見たことがありません。というか、いつ開催されているのかも全く知らず。動画も今、初めて見ました。もしかして、凄く勿体ないことをしているのでしょうか?長浜曳山まつりは豊臣秀吉が始めたとか書いてありました。へぇ~~~って感じですね。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

昨夜は武徳殿の近くでも笛の音や太鼓の音が聞こえていました。なるほど!曳山まつりの前日だったんですね。納得です。だから稽古の参加者も少なかったのでしょうか。曳山まつりに関係ありそうな先生は一人だけだと認識していたのですが・・・

それとも、コロナ?

SPONSORED LINK
 

ほめられて有頂天に・・・

昨夜の稽古ではO先生に

O先生
隙が無かった。
いや、ホンマに!!

と、お褒めの言葉を頂きました。もちろん有頂天にはなりません。なぜなら、O先生に打たれてる方が多かったから。自分の中では全然ダメでしたね。

でも、最後の最後にK先生に一本勝負を挑まれ・・・

初太刀で面を決めて終了!!

滅多に無い。剣道中毒無形文化遺産に登録しておきましょう。(笑)K先生の面に対して、気が付いたらちょっと右に捌いて面を打ってました。ほぼ無意識。これが癖になるとダメなのかもしれませんが、自分の中では結構良い感じだと思っています。

真っ直ぐ打てって言われるんですけどね~、打った後に真っ直ぐ行けば良いのかと思って試行錯誤中です。というのは一度ついてしまったらなかなか直りませんよね。

無くて七癖

僕の剣道は「癖が無い」と言われたこともあるのですが、今となっては癖だらけです。無くて七癖とは言いますが、七癖どろこではありません。恐らく「くせ者」レベルの癖でしょう。

前述したような、右に体が流れる癖も以前より強くなってしまったような気がします。そして、最近は息子との稽古でも癖を読まれて打たれてしまうこともしばしば。

かく言う息子も、打った後に剣先を必要以上に上げる癖は全く治らない。直らないというより、直す気すらないみたいです。丁度、3年前の4月15日に開催された昇級審査の映像がFacebookで表示されたのですが・・・

ちっとも変ってない。(笑)

打突のスピードとか体のキレは良くなっているとは思うのですが、基本的なイメージはこのままです。ずっとこのまま通すつもりなのでしょうか。こちらも無形文化遺産に登録して頂きましょう。

しかし、1級審査としてはそこそこレベルが高いのではないでしょうか。親ばかかなぁ~。

SPONSORED LINK