左手の使い方がわからない!台風の中考えてみた・・・


台風凄いですね。職場が長時間の停電になったので、仕事にならず帰宅したのですが・・・

何だか大変なことになっていました。信号もところどころ曲がってるし、どっち向いてるのかわからなかったり、停電で消えていたり。あと、道には色んな物が飛散してました。

トップ画はちょっとした建物倒壊ですかね。あと、トラックも横転してたし、本当に大変です。観測史上最も強い最大瞬間風速だそうで・・・

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

というわけで、仕事にならないので先日の講習会のことを考えていました。

自分自身では、

基本はそこそこできてるはず!

という、変な自信があったわけです。周りの方からも「キレイ」と言われることが多いこともあり、それ程考えたこともありませんでした。でも、講習会で普通の面打ちすらできなかったのです。

SPONSORED LINK
 

全然基本ができていないことに気付く

そこそこ自信のあった私ですが、講習会などに参加すると本当に基本の基本すらできていないことに気付かされます。今まであった自信は跡形も無く崩れ去るわけです。実は、先日の講習会でも本当にできていないことに気付いて凹んでいました。

全然駄目

立ち会いの時の面打ちに対して「強度が不十分」との評価を頂いたのは、本当に基本ができていないからなのだと思いました。それは、左手の使い方。

少し前に右手首を痛めていましたが、その後も肩やら肘やら肩甲骨やら、今も上腕二頭筋が痛い(肉離れっぽい)です。全て。そうです、実は少し前から気が付いていました。左手が使えていないということに。

八段の先生方の面打ちは凄く良い音がします。それこそ、「ぽんっ」って。

ぽんっ

きっと、右手と左手の使い方なんだろうと思っていたんですよね。でも、先日の講習会では左手だけで打つ稽古をしたのです。驚いたことに、片手でも、「ぽんっ」という凄く良い音がするんですよ。

どうやら、腕の力とか握力とかの問題では無さそうです。力ならまだ私の方が強そうな気がします。あんまり自信ないですが・・・それに、先生は

先生
力なんて入れなくてもいいんです。力を入れちゃ駄目!!

って言っておられたと思います。(多分)

実際に片手で面を打ってみよう!

実際に片手で面打ちをやったわけですが、予想以上にヘタクソだったんですよね。もう、情けなくて。イメージ的に言うと、竹刀が重くてまともに振れないという感じですね。でも、恐らくこの辺りが間違っているのだと思います。

力で無理矢理振ろうとするから駄目なんですよ。

打突強度が足りないと言われた原因は恐らくここにあるのだと考えました。というわけで、コツコツ実践と研究を繰り返していきたいと思います。

一人稽古で何か掴めれば、また報告したいと思います。

SPONSORED LINK
 

ABOUTこの記事をかいた人

剣道錬士六段のしがないサラリーマン。
子供と一緒に稽古をするのが唯一の楽しみです。