稽古目標は構えを崩さないことと!だったのですが・・・

前回の記事で腰が痛いと書いたのですが、腰というか左側の骨盤のところが痛いんですよね。何ですかこれ?寝ている時の痛みには慣れたのですが、寝返りとか起き上がる時にはちょっと気合を入れないと動けない管理人です。こんにちは。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

昨夜は今年22回目の稽古をしてきました。最近は参加者が少ない傾向でしたが、昨日は参加者も多くて賑やかな稽古会となりました。小学生の参加が多かったので、地稽古は小学生相手がメイン。とは言え、小中学生との稽古でも沢山学べる部分がありますよね。

昨夜の稽古は

  1. 構えを崩さない
  2. 先を取る

という目標を立てて取り組んでみました。結果として、いつも打たれる小中学生にはそれ程打たれることが無かったと思いますが、新たな弱点を発見してしまいました。

SPONSORED LINK
 

構えを崩さなければ相手が勝手に崩れてくれる!

構えを崩さないようにすると、当然ですがなかなか相手も打てないようです。打って来ても無駄打ちになることも多く、何となく優位な感じ。そして、ちょっと高段者っぽいかも。自分で勝手に思ってるだけですが。(笑)

そして、構えを崩さないようにして自分から攻める。優位な状態を保てるので相手の起こりを捉え易い。(当社比120%くらい)相手が変なフェイントとかしてきても

わざわざ自分から隙を作ってくれてありがとう!

って感じだったのですが・・・

小手面を打たれるとかなりの高確率で面を打たれてしまいました。

実は私、小手面に弱いんです!

小手面の一本目の小手に関しては、自分の構えを崩さなければ打たれることは無いのですが、やはり若干構えが崩れてしまうようです。自分では気付かないのですが、恐らく若干剣先が右に開いているのでしょう。その後の面は良く打たれることが発覚しました。

実は、土曜日の稽古でも何本か小手面を打たれてるんですよね。剣道の防御姿勢というのは何と弱いのでしょうか・・・

よしっ!!
今度から、小手打たれそうになったら小手胴で応戦やな!

と、密かに考えていたのですが・・・
単なる小手なら小手胴は打てないし、小手を打ってくる時点で何らかの対策を取った方が良いのかも。何にせよ、ぼーっとしてたらあかんということですな。この時点で、完全に相手に先を取られてるわけで、全く目標達成できていませんでした。

難しいです。考えれば考える程迷宮入りしますよね。

考えるな!
感じろ!

SPONSORED LINK
 

まとめ

昨夜の稽古では

  1. 構えを崩さない
  2. 先を取る

という目標を掲げて稽古に臨んだわけですが、結果としてどちらも目標達成なりませんでした。最初は調子良いと思ったのですが、それはいつもと違ってやり難かっただけなのかも。

構えを崩さないことは大事だと思いますが、構えを崩さないように意識をすると逆に居着いてしまう可能性が高くなります。私の場合ですが。ですから、構えを崩さないことを意識するよりも、先に攻めることを考えるべきだと感じました。

不動智・不動心というやつですな。

いかなるものにも柔軟に対応できる心を身に着けたいものです。

SPONSORED LINK