基準が全然わからないんですが・・・

なかなか家族の予定が合わなくて夏休みにどこにも行けなかったので、急遽遊びに行ってきました。
行先は・・・

こちらです。良く分からずに行ってきました。
昔々にエキスポランドには行ったことがあったのですが、いつの間にか無くなってたんですね。
学生時代、友達と風神雷神に恐る恐る乗ったのが懐かしいです。

というわけで、結構楽しめました。私は息子と二人でVS PARKへ。


良く分からずに行ってるので、かなりの時間をロスしてしまいましたが、中でも動物から逃げるというアトラクションが面白かったです。

私も息子も時速65kmのカンガルーから逃げ切ることができたのですが、他の人を見ていると時速30kmのパンダから逃げ切ることができなかったりとわけがわかりません。その動物の状態にもよるのかもしれませんが、パンダがめちゃめちゃ速かったのが今日一番の衝撃でした。

何せ、スタート直後に掴まっていたので。ハンデが5mと、他の動物よりも短かったのも要因かもしれませんが、何かそれだけではないような気もします。しかし、基準が全くわからないのです。わかった方は教えてください。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

さて、昨夜は稽古。雨が降ったり止んだりで湿度の高い中での稽古となりました。先週末に参加した合宿の効果があったような、なかったような・・・そんな稽古でした。

SPONSORED LINK
 

二の太刀!完璧だと思ったのですが・・・

地稽古では、合宿効果なのか体が良く動きました。多分気持ちの問題だと思うのですが、

  • 自分から積極的に攻めて打つ
  • 打ち切る

という二つができたように思いました。自分の中では結構良い感じだったんですよね。出端も良い感じで打てたし、小手を打って防がれた時には二の太刀として面をばっくり打てました。そう、ばっくり・・・最初から小手面の決め打ちでなく、小手から面の二段技がばっくりです。

と思っていたのですが、稽古が終わってからダメ出しの嵐。

試合だったら確実に一本だろうって思うような気持の良い打突だったのですが、全然心を打てていなかったようです。何故なのか考えてみたのですが、やはり攻めて一の太刀で仕留めるような気位が必要なのかもしれません。

打ってみてダメだったから次を打つ・・・というのではダメなのかもしれませんね。打って勝つのではなく、勝って打たなければ。

稽古の直後にダメ出しをされた時には

は???
何言ってるか全然わかりません・・・

という感じで、それこそ基準がわからないという状態でした。でも、冷静になって考えてみると、そういうことなのかもしれません。

剣道って難しいですね。

ばっくり当たってもダメなものはダメなんですね。

SPONSORED LINK