剣道中毒

剣道中毒患者の為の処方箋あります

*

剣道の竹刀の選び方はあなたの剣道スタイル次第!

剣道をする上で竹刀の選び方はとっても重要!!
 
と言う先生が居られます。私個人の意見としては、竹刀によって技術的なことが左右されるとも思えないのですが、どうやら私のような人間の方が特殊(少数派)なようです。
 
kendo21
 
つまり、多くの剣道愛好家がそれぞれ好みの竹刀というのがあるのです。私の場合も何でも良いというわけではありません。ある程度の好みというのはあります。ただ、その好みの範囲が広いというだけで。
 
竹刀一本を買うのに武道具店内の竹刀を何十分も吟味して選ぶ人も多いようです。私は逆に値段と重さだけしか見ていないので、とある武道具店主に馬鹿にされたことがありました。
 
そして、そのお店で竹刀を買うのを辞めてしまいました。(笑)ですから、ここ数年は専らネット通販でのみの購入となっています。緊急で娘の竹刀を買いに行った以外は、100%ネット通販です。
 
ネット通販と言っても、自分なりの選定基準は一応持っているので、今日はその辺りについて書いてみたいと思います。

SPONSORED LINK
 

タイプ別の竹刀の選び方

竹刀にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。長所もあれば短所もありますので、どういう剣道をするかということによって竹刀を選ぶ基準も変わってきます。
 
竹刀の種類は主に、

  • 古刀型
  • 標準型
  • 胴張り(実践型)
  • 等があります。
     
    他にも、柄部分にも

  • 円形
  • 小判型
  • 八角型
  • というものがあります。
     
    柄部分の種類については、稽古をするという上では握りやすい小判型がおすすめですが、小判型には重大な欠点があるので、使用している人は少ないでしょう。
     
    その欠点とは、竹刀がささくれた時に柄革を回して他の面を使うことができないということです。実に不経済なんですね。我々貧乏剣道愛好家には使えない竹刀と言えます。
     
    しかし、お子さんで稽古中に竹刀がくるくる回ってしまうというような場合には一度使用すると、その癖が治る可能性もありますので、そういう点でもオススメです。
     

    古刀型か胴張りか

    前述しましたように、剣道の竹刀の種類を大きく分けると、古刀型と胴張りがあります。そして、その中間の物が標準型だと思ってください。
     
    何が違うの???
     
    簡単に言うとバランスです。竹刀全体の重心の位置ですね。
     
    古刀型は竹刀の太さがほぼ一定です。ですから、竹刀の先の方に重みを感じます。逆に胴張りの場合は竹刀の手元部分が太くなっており、その分手元に重みを感じるようになっています。
     
    つまり、古刀型は竹刀の重心が前の方、胴張りは竹刀の重心が手元の方にあります。標準型はこの真ん中あたりと考えてください。
     
    シーソー

    では、重心の位置が違うと何がどう違ってくるのでしょう?
     
    まず、重心が先の方にある場合。私なんかは結構振り難いと感じます。一時期、前述の武道具店店主より勧められて使用していたことがありますが、非常に使い辛かったのです。
     
    つまり、先の方が重いということは、同じ重量でも振る時に重く感じるのです。その分、打ちが重くなると言われますが、それはちょっと違うような・・・
     
    古刀型を好まれる方は速い打ちではなく、相手の打ちを利用した応じ技に重きを置かれている方が多いですね。
     
    逆に、胴張りは重心が手元にあるので、竹刀の重みをあまり感じません。先が軽いので、竹刀操作も比較的楽にできるという利点があります。
     
    つまり、学生のように速さを求めるなら、胴張りがおすすめでしょう。ただし、胴張りは先の方が細くなっている為に、竹刀が破損する確率が高くなっています。
     
    竹刀は元々消耗品という考えですが、激しい稽古に胴張り竹刀を使用すると竹刀の破損が激しいという欠点がありますのでその点を理解して使用する必要がありますね。
     
    何度も言いますが、標準型は、この中間くらいです。バランスの取れた感じですね。
     

    SPONSORED LINK
     


     

    柄部分の好み

    柄部分は大きく分けると丸型か小判型かという二拓になりますが・・・
    実は細かく言うと、太さが色々なのです。
     
    柄部分が太い竹刀はやはり重心が手元側に来る分、先は軽く感じられ、振りやすいでしょう。ただ、これまた重大な欠点があります。
     
    柄の太い竹刀は疲れやすいんです。特に握力の無い、持久力の無い方にとっては非常に辛いでしょう。稽古の初めの内は調子が良くて、時間経過と共に腕が疲れてくる可能性があります。
     
    そういう場合は途中で竹刀を交換という必殺技を使って乗り切りましょう!!
     

    まとめ

    竹刀を選ぶ上で重要なのは、自分がどういう剣道スタイルなのかということではないでしょうか。それは学校の部活動であったり、所属道場によってチームカラーのように統一されていることが多いと思います。
     
    大人になるとそれぞれ個人で目指す道を決めれば良いことですが、学生の間はなかなかそういうわけにはいきませんよね。
     
    そういう場合は、標準型か胴張りタイプを選んでおけば間違いないでしょう。いや、別に古刀型を使ってみるのも良いとは思いますが、恐らく使い難いと感じるので、折角買ったのに勿体無い・・・となってしまいます。
     
    粘土の天秤
     
    私の場合は基本的に標準型を使用しています。私は応じ技が比較的得意なのですが、本当は自分からガンガン攻めたいタイプなんですよね。背が低く、腕も脚も短いので、ついつい応じ技、返し技が多くなってしまいがちなのですが・・・
     
    たまには胴張りの竹刀も使ってみようかとは思うのですが、なかなか購入には至りませんが、自分だけの名刀を見つけてみたいものですね。
     
    【関連記事】
    剣道の竹刀の長さ!園児が始めるならこの長さ!!
    剣道の竹刀の長さに規定はあるの?長い方が有利?
    実践型竹刀ってどんなの?胴張りとは違う?
    竹刀を通販で!39を自分用にカスタムして使おう!

    SPONSORED LINK
     

     - 竹刀

    Comment

    1. yw より:

      古刀型愛用者です。

      上段からの片手打ちで、相手の竹刀に少しでも竹刀が触れると流れてしまいます。古刀型にすることで、多少なりとも竹刀の接触を避けることを狙いました。使ってみると、先重のためか、だいぶ片手打ちでも流されにくくなった気がして、その後使い続けています。
      上段用に柄も長くしており、かなり特殊な竹刀を使っている自覚はあります。中段の人で類似の竹刀を使っている人を見たことがありません。

      • 野川 より:

        ywさん、コメントありがとうございます。
        古刀型の竹刀はとても使い辛い印象を持っていましたが、勧められた時に相手の竹刀を弾くというようなことを言われました。そう考えると片手打ちに最適なのですね。勉強になりました。
        上段をしたことがないので知らなかったのですが、長い柄の方が良いのですか?こちらも勉強になりました。

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


      関連記事

    竹刀を胴張りにしよう!37を作ってみた結果・・・

    竹刀にはそんなに拘りがないのですが、やはり使い易い竹刀ってありますよね。うちの娘 …

    剣道の二刀流!竹刀の長さって決まってるの?

    剣道の試合では二刀流が認められているのをご存知でしょうか?一時期禁止されていたの …

    剣道の竹刀の長さ!園児が始めるならこの長さ!!

    うちの娘が初めて竹刀を握ったのが4歳の時でした。実はそれまでから武道具屋さんに貰 …

    実践型竹刀ってどんなの?胴張りとは違う?

    私は個人的に竹刀にはそれ程拘りを持っていないので、購入する時にもネットの通販で安 …

    剣道をするなら竹刀の名称は覚えておこう!試験に出るよ!!

    昇段審査の学科問題としても良く出題される「竹刀各部の名称」は剣道の稽古をする時に …

    剣道の竹刀の長さに規定はあるの?長い方が有利?

    小学生の竹刀って、みんな色んな長さがあってわからないんですけど・・・ 剣道の竹刀 …

    竹刀を通販で!39を自分用にカスタムして使おう!

    それはまだ私が20代の若者だった頃の話です。2年先輩のT先生に竹刀について相談し …

    竹刀の手入れ方法!ささくれた時の対処法はコチラ!

    どんな良い竹刀を使用していてもいつかはささくれるのが竹刀の難点ですよね。ささくれ …