剣道中毒

剣道中毒患者の為の処方箋あります

*

剣道の素振りはこんなに種類があるって知ってました?

剣道の素振りって皆さん好きですか?
 
私は学生時代、素振りが大嫌いでした!!
 
重い素振り用木刀を無理矢理に延々と振らされたこともありました。素振りが大事だということを理解できず、素振りが大嫌いなまま大人になってしまったのですが・・・実は、ここだけの話ですが今でも素振りは嫌いです!!
 
素振り1
 
でも、素振りの重要性っていうのは若い頃と違ってある程度認識できるようになりました。仕事とか家庭の事情により、対人の稽古が殆どできない時期もありました。そして、その時期に私は昇段審査地獄を味わうことになったのです。
 
しかし、その昇段審査地獄を抜け出せたのも素振りだったのです。
 
今日はそんな大事な剣道の素振りの種類について紹介してみたいと思います。私の知らない素振りも沢山あると思いますが、私が行ったことのある素振りのみ紹介させて頂きましたので、一人稽古の参考にしてくださいね。
 

SPONSORED LINK
 


 

基本の素振りの種類

ご存知の通り、剣道における素振りの種類は非常に多いですね。他所の道場の稽古に参加したら、見たことも聞いたこともないような素振りを取り入れられていてびっくりしたなんてこともありますが・・・
 
まず、どこの道場でも取り入れているであろう基本の素振りから見ていきたいと思います。
 
基本となる素振りは下記の4種類ですね。

  1. 上下素振り
  2. 正面素振り
  3. 斜め素振り(左右面素振り)
  4. 早素振り(一挙動の素振り)

 
私の地域では、最初の素振りはまず膝の高さまで振り下ろす上下素振りというのが一般的です。そして、面を打つ正面素振り、それから左右面を打つ斜め素振り、早素振りと続いていくパターンが多いですね。
 
細かく言うと、それぞれの素振りに対して足さばき(体さばき)の前後左右・開き足などを取り入れることで無数の種類の素振りパターンが生まれます。
 
それでは、ちょっとだけ詳しく見ていきましょう。
 

上下素振り

竹刀の振りかぶりは基本的に上段の構え、振り下ろしは膝の高さまで振り下ろします。振りかぶる時に剣先が下がらないというのが重要ポイントですね。剣先が下がるというのは、左手の小指が緩んでいる状態となります。
 
振りかぶりについては、全ての素振りに繋がるのですが構えの状態の手の内のまま振りかぶります。そうすると、上段の構えの状態になりますね。この時に変に手の内の状態を変えると左手の小指が緩んだりすることがあるので注意してください。
 
振り下ろしは真っ直ぐに、膝の高さまで。この時、特に右手の握りが正しくない場合は膝の高さまで振り下ろせません。
 
また、振りかぶりについて、お尻(背中)に竹刀が付くように指導される場合もあるかもしれません。このような指導が間違いというわけではありませんが、本来の素振りという意味合いとは多少目的が違ってきますので、その辺りを認識することが必要ですね。
 
お尻まで竹刀を付けるということは、恐らく正しい握りのままでは不可能です。私の場合は体が硬いので確実に不可能ですが・・・つまり、肩周りの関節を大きく動かす準備運動としての素振りですね。
 
素振りの意味合いとして、準備運動であるのか、きちんとした打突を作るものであるのか、その点をよく考えてから行うことが大切です。
 
kendo37
 

SPONSORED LINK
 


 

正面素振り

振りかぶりについては上下素振りと同じですが、振り下ろしは面の位置です。素振りの場合は面の位置より少し下(耳辺り)まで振り下ろすように指導されるかもしれません。
 
面の高さまで振り下ろして竹刀を止めるという動作は余計な力が入るため、実際の対人稽古の場合に打突が軽くなってしまう可能性があります。私も実はそうでしたが、一度ついてしまった癖を直すのが非常に困難な作業となりますので、できればそういう癖がつかないように面よりも少し下の位置まで振るという癖を付けた方が良いでしょう。
 

斜め素振り(左右面素振り)

斜め素振りは左右面を打つ素振りです。
 
注意点はやはり振りかぶりですね。左面を打った後は打った軌道をそのまま戻しながら振りかぶります。右面を打った時も同様に打った軌道をそのまま戻しながら振りかぶります。
 
実際の対人稽古として考えると当然のことなのですが、左面を打った場合、竹刀はそのままの角度で跳ね返ります。そこから直接上に振りかぶるというのは余計な力が加わることになります。ですから、打った軌道そのまま元に戻すという理屈です。
 

斜め素振りの足さばき(体さばき)

素振りの時の基本的な足さばきは前後(前進後退)ですが、前後左右という場合もあります。どういう方向にでも打ち出せるという意味合いだと認識しています。更に、斜め素振りの場合は開き足を使用することも多いですね。
 
開き足を使って体をさばきながらの斜め素振りはちょっと混乱するかもしれませんがスムーズな足さばきの練習にもつながるのでおすすめです。
 
開き足の方法としては、左面(自分から見て右側)を打つときには右に開きます。つまり右足を右斜め前に出し、左足を引きつける。逆に、右面を打つときは左に開くのですが、この時の足は左足を先に動かします。左足を左斜め前に動かし、その後に右足を引きつけます。この時の右足の位置は左足の後ろになります。
 
開き足は構えた時の剣先を中心に扇形を描くような形になるようなイメージですね。是非取り入れてみてください。
 

早素振り(一挙動の素振り)

早素振りはその名の通り、正面素振りを早くするだけのイメージですが、少しだけ違うところがあります。それは、振りかぶり時に後退して振り下ろし時に前進するということですね。
 
言葉では説明が非常に難しいですが、他の素振りの場合は前進しながら打つ、後退しながら打つという動作を繰り返しますよね。それに対して、早素振りの場合は後退、前進の動作で振りかぶって打つということになります。
 
ただ、通常の早素振りは前進時に打つだけなのですが、体さばきのパターンを取り入れることによって前後の早素振り、前後左右の早素振りなどもできてしまいます。これはやってみるとかなり難しいのですが、できるようになると楽しいので是非取り入れてみてください。
 
前後左右の早素振りの方法は、

  1. 後退しながら振りかぶり、前進で打つ
  2. 後退しながら振りかぶり、後退で打つ
  3. 前進しながら振りかぶり、右側に移動して打つ
  4. 左側に移動しながら振りかぶり、左側に異動して打つ
  5. 右側に移動しながら振りかぶり、前進で打つ

の繰り返しとなります。
 
ポイントは真ん中で振りかぶるということですね。やってる内にわけがわからなくなりますが、やってみてください。(笑)
 
素振り2
 

その他の素振り

先に挙げた基本の素振り以外では、

  1. 上下斜め素振り(左右胴)
  2. 返し面(手首返し)
  3. 片手素振り
  4. 片手早素振り
  5. 腰割り素振り
  6. 四股で行う素振り
  7. 四股+スクワットのような素振り
  8. 蹲踞からジャンプしながら行う素振り

等が挙げられます。特に5~8の素振りは下肢を鍛える要素が非常に強く、我々のような中年には非常にきついのですが、子供達が苦しむ姿を見る分には楽しいです。(笑)
 
というのは冗談で、簡単に思いつくだけでこれだけのバリエーションがありますし、真剣に素振りをしていたら、30分~1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。つまり、素振りだけでも非常に内容の濃い稽古ができるということです。
 
ここでは詳しく取り上げませんが、機会があれば記事にしたいと思います。
 

まとめ

sozai_32336
素振りは単なる準備運動ではありません。ですから、きちんと打突するという意識を持って取り組むことが大切だと思います。正しい素振りは日頃の稽古に生きてきます。ですから、常に正しい動作での素振りを心掛けましょう。
 
特に振りかぶりについては正しくできている人が少ないようです。自分も含めて・・・
 
正しい素振りを続けていれば、綺麗な打突ができるようになります。辛い素振りも意識を持てば続けることができるでしょう。
ただなんとなく行う素振りはもうやめましょう!!
 
他にも素振りに関する記事を書いていますので、参考にしてください。


 
【関連記事】
剣道における切り返しの注意点!初段・二段はこれで合格!!
剣道において竹刀の握り方は最も重要?
剣道の素振りを自宅の室内で!そんな時には工夫せよ!!
剣道の突き!上手く打つコツはこれだ!

SPONSORED LINK
 

 - 剣道の基本技

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

剣道の面打ち!色んな種類の打ち方を体得して勝つ!!

剣道の技の種類は面・小手・胴・突きの4種類しかありません。しかし、その中の面打ち …

剣道の右手打ち!どうやって直す?歩行の原理から考えよう!

中学生のNさん、小学生の時にはそれ程注意されなかったことを注意されるようになって …

剣道において竹刀の握り方は最も重要?

『先生、うちの子の打ち方何かヘンじゃないですか?』   Yちゃんのママに相談され …

剣道の残心って何?本当の意味を知ってますか?

この前の試合で小学生のゆずちゃんは惜しい技が何本もあったのですが、有効打突となる …

剣道において跳ね足は非効率!速く打ちたいなら直しましょう!

先日、M宅先生から剣道の稽古で面打ちをする時に跳ね足になるという相談がありました …

木刀での素振り!3つの効果を実践に活かそう!

それは、道場で私が一本の木刀を振っていた時のことでした。 剣道の素振り用木刀って …

剣道における小手面の打ち方!5つのポイントで一本を取ろう!

そうなんです。実際に稽古を見ていると確かに遅いと感じるのですが、ビデオで確認して …

剣道の技の種類!面・小手・胴・突きの組み合わせで無限に!

たまたま時間があったので、基本稽古の時にいつもの基本稽古に色んな技を組み合わせて …

剣道は足だ!足さばきが上達すれば剣道は格段に良くなる!

うちの息子は小学3年生です。最近、隣の剣道クラブに出稽古に行くことが多くなったこ …

剣道の体当たり!コツを知って有効打突に繋げよう!

実は私も体当たりは苦手な方なんですね。社会人になってから、とある稽古会で女性の方 …