剣道中毒

剣道中毒患者の為の処方箋あります

*

剣道の鍔迫り合いには多くの注意点が?これであなたも鍔迫マスター!

とある稽古会で練習試合があり、参加していたうちの娘は審判をされていた先生から鍔迫り合いに関してちょっとした指導を受けていました。その試合、私も見ていたのですが、何故注意する必要があったのかと疑問だったのです。

この前、鍔迫り合いから引き技を打ったら審判の先生に注意されたんよ。反則とかは取られてないけど、良くわからんわ。

う~~~ん・・・
その試合見てたけど、特に注意されるようなことしてなかったと思うけどなぁ。

そうやろ?
ただ、打ったらあかんってだけで、何が言いたかったのか全然わからんし!!

鍔迫り合いから打つのは普通やと思うけどなぁ。もしかして、あの先生って高体連の先生?

あっ!そうかも。あんまり知らんけど・・・

もし高体連の先生なら、高体連独自のルールがあるから、それのことかなぁ?

確かに審判の先生が高体連の先生だったとすると、注意される可能性はあるかもしれません。しかし、私自身も高体連のルールを詳しく知らないので結局わからないまま・・・

鍔迫り合いの注意点

鍔迫り合いの注意点

というわけで、今日は
 
剣道の鍔迫り合いにおける注意点を詳しく見てみよう!
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。剣道の鍔迫り合いには意外と細かい取り決めがあるのですが、詳しい解説ってなかなか聞けませんよね。それに、私は高体連とは全く関係が無く、高体連の審判もしたことがないので、高体連独自のルールについてもわかりません。

ですから、まずは基本的な鍔迫り合いの規則や注意点について、それから高体連独自の申し合わせ事項についても調べてみました。これを読めばあなたも明日からは正しい鍔迫り合いができるかもしれません。
 

SPONSORED LINK
 


 

剣道の鍔迫り合いで反則となるケースとその注意点

まずは鍔迫り合いに関係のある反則に、どのようなものがあるのか知っておきましょう。全日本剣道連盟の剣道試合審判細則規則の第16条には、このように書かれています。

第16条
規則第17条7号の禁止行為は、次の各号などをいう。

  1. 相手に手をかけまたは抱え込む。
  2. 相手の竹刀を握るまたは自分の竹刀の刃部を握る。
  3. 相手の竹刀を抱える。
  4. 相手の肩に故意に竹刀をかける。
  5. 倒れたとき、相手の攻撃に対応することなく、うつ伏せなどになる。
  6. 故意に時間の空費をする。
  7. 不当なつば(鍔)競り合いおよび打突をする。

 
上記は(5)を覗いて他は概ね鍔迫り合いの時に起こり得る反則行為ですね。全てが鍔迫り合いの時のみというわけではありませんが、鍔迫り合いに深く関係のある項目が多いでしょう。

剣道における反則行為はもっと沢山ありますので、その他の反則についてはこちらの記事を参考にしてください。

では、上記の行為は何故反則とされているのかということを考えてみたいと思います。それは、剣道の根本的な部分で相手を敬い、礼節を重んじるという部分に要約されているのではないでしょうか。

つまり、卑怯なことをせずに正々堂々と戦う。そして、正しい鍔迫り合いをすることに努めましょうということになります。では、正しい鍔迫り合いというのはどのようなことを指すのでしょうか。
 

剣道における正しい鍔迫り合いとは

そもそも鍔迫り合いとは、相手と接近した状態で非常に危険な状態なわけです。少しでも油断をすれば斬られてしまうという切迫した状態。

もし、防具を着用していない状態でお互いに真剣を持って鍔迫り合いの状態になったとしたら、凄く怖くないですか?ちょっとしたことで刃に触れれば斬られてしまうのです。

ちょっとイメージしてみてください。

正しい鍔迫り合いとは

正しい鍔迫り合いとは

その状態をイメージしつつ、正しい鍔迫り合いについて考えてみましょう。鍔迫り合いの主な注意点としては下記の通りです。

鍔迫り合いにおける注意点
  1. 鍔と鍔を合わせる
  2. 竹刀の刃部に拳が当たらない
  3. 相手の体(肩)に竹刀を押し付けない
  4. 長時間の逆交差をしない

 
どうでしょうか?鍔迫り合いの状態で鍔と鍔が合わさっていない状態というのは、既に手を斬られているかもしれませんよね。同様に、相手の体に触れていたり、逆交差をしていたり。ちょっと考えれば駄目なことはわかるのではないでしょうか。

実は、それだけではありません。他にも打突の意志のない鍔迫り合いは「時間の空費」が該当するので反則行為となりますし、無理矢理に相手を押して相手を場外に出そうとする行為についても反則となります。

更に、

  • 手元が上がった状態で鍔競り合いをしている
  • 竹刀を横に倒した状態

という場合も不当な鍔迫り合いの対象となります。何れもお互いに真剣を持っていたと考えれば危険な行為だということがすぐに理解できるのではないでしょうか。

これ、小学生低学年の試合で良く見る光景ですよね。そして、審判員は適切に指導されている光景も良く見ますが、恐らく小さい子供達って、気持ちが高ぶってあんな風になってしまうのでしょうね。

但し、これらの状態が短時間で解消されるようなら、それ程問題視はされず、試合でも反則を取られることはないと思われます。問題となるのは、その状態が解消されずに長時間となってしまった場合や何度も繰り返される場合です。

基本的なルール

基本的なルール

上記が鍔迫り合いの基本的なルールです。ここまでの内容を考えてみても、娘が注意された理由は全く思い浮かびません。では、何故審判の先生に注意されたのでしょうか?

恐らく、高体連独自のルールで相手が離れようとした瞬間に打突したのではないかと。

そんなの聞いたことないよ!!

娘も来年からは高校生です。ということで、高体連のルールを予習してみたいと思います。
 

SPONSORED LINK
 


 

高体連の鍔迫り合いルール!このポイントだけ知っておこう!

まず、高体連の鍔迫り合い関連の解説動画がありますので、こちらを見てみましょう。

動画を簡単にまとめると、以下の2つのポイントになります。

鍔迫り合いの抜本的改善のポイント
  1. 鍔迫り合いの状態から10秒以内に技を出すか鍔迫り合いを解消しなければならない
  2. 審判員は『不当な鍔迫り合い』『時間空費』の反則または『分れ』を見極める

 
一番難しいと感じたのは、鍔迫り合いの解消です。動画の中では説明がなかったのですが、

  • まさに分かれようとする瞬間に出した技は有効打突となり得る。
  • 分かれる途中の近間、中間で打突した場合は反則とする。

という違いを審判員が見極めなければなりません。簡単そうに思えますが、実際の試合中にその見極めをすることは非常に難しいのではないでしょうか。また、鍔迫り合いが解消されたとみなされるのは、中段に構え合った双方の竹刀が離れた位置です。

鍔迫り合いが解消された位置

鍔迫り合いが解消された位置

ですから、その位置まで離れる前に打突をしたり、上段に構えた場合も反則ということになります。難しいですね。

また、「分かれ際」「分かれる途中」の判断は審判員が経験則と照らし合わせて見極めなければならないということも難しいのではないでしょうか。ですから、経験の浅い審判員には見極めは不可能ということになるでしょう。

もう一度イメージしてみましょう。反則となるのは、相互に呼吸を合わせ分かれる途中で出された技。ですから、相手の選手が

相手
そろそろ鍔迫り合い解消しようよ!

って心の中で思っていたとしても、私のような鈍感な人は気付きません。そして、その瞬間に打っても反則にはならないのですが、ちょっとでも出遅れて打ったら反則になってしまいます。

逆に、

相手
そろそろ鍔迫り合い解消しようよ!

わかったわかった!離れるよ!

と、気を抜いた瞬間に打たれても反則にはならないわけです。難しいですね。

また、勘違いしていたこともありました。相手が打った引き技が不十分だった時や、自分が避けた後に追い込んで打つということも反則行為になるのかと思っていたのですが、そうではないようです。追い込んで打っても反則にはならないので、どんどん追い込みましょう!
 

まとめ

今日は、剣道の試合でよく反則のある鍔迫り合いについての注意点などを再確認してみました。更に、高体連独自のルールについても勉強しました。

鍔迫り合いに関しては、昇段審査の学科試験でも『剣道における正しい鍔迫り合いと注意点』ということでよく出題されるのでポイントを押えておくと良いかもしれませんね。

正しい鍔迫り合いを身に着けよう!

正しい鍔迫り合いを身に着けよう!

剣道の試合では鍔迫り合いが非常に多く、反則に関しても厳しくなってきています。特に

  • 不当な鍔迫り合い
  • 故意の時間空費

という2点においては、審判講習会でも話題になることが多いと思います。また、高体連では独自のルールが設けられ、更に厳しくなっています。しかし、これには高体連での剣道の試合において鍔迫り合いの割合が非常に増えてきたことを懸念する流れから来たものです。

剣道の醍醐味は一足一刀からの打突。高校剣道では勝負に拘るあまり、一足一刀の攻め合いよりも、鍔迫り合いによる打たれない試合展開が増えてしまったのが根本原因です。

だからと言って、鍔迫り合いからの打突が駄目と言うわけではありません。鍔迫り合いでも正しい攻めを行い、キレのある打突ができるようになれると良いですね。

鍔迫り合いからの引き技に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

SPONSORED LINK
 

 - 試合関係


  関連記事

中学校の部活動!練習時間はどれくらい?県の上位を目指すには?

先日、娘の所属する中学校の剣道部では、秋季中体連を前にミーティングが行われたそう …

剣道の団体戦!スコアの書き方をわかりやすく解説!

来月初旬には市民剣道大会が開催されます。それに先駆けて育成会からも補助役員を選出 …

剣道の審判!服装は靴下の色まで決められている?

少し前に剣道を再開された先輩女性K美さんが審判を依頼されたそうですが、前に審判を …

第57回全日本女子剣道選手権大会
2018年全日本女子剣道選手権大会の結果!高橋萌子が2連覇!

全日本剣道選手権大会と同じく、一度は会場で見てみたいと思っている大会があります。 …

剣道の試合で勝てない小学生!どうすれば勝てるの?

先日の市民剣道大会の時の出来事です。 ユウ君は元気だけが取り柄のちょっと不器用な …

ガッツポーズをする外国人
ガッツポーズは禁止?スポーツ界全体の対応を見てみよう!

未だに良く質問されるのが、 今までは気にしていなかっただけなのかもしれませんが、 …

剣道のルールは反則が難しい!!

練習試合で4年生のNちゃんが反則を取られました。 そうなんですよね。良く考えたら …

剣道をオリンピック種目に?反対意見が多いのはなぜ?

実は私も若い頃は剣道がオリンピック種目になっていないことを残念に思っていたのです …

剣道の試合!緊張しない方法があったら教えて!

少し前の話になりますが、他府県からも多くのチームが参加する大きな剣道の試合に参加 …

剣道の動画!全日本選抜剣道八段優勝大会の生中継を見て・・・

先日、全日本選抜剣道八段優勝大会が開催されましたね。以前は明治村で開催されていた …